FXコラム

ミセスワタナベ、過去最高にドル円を買い越し!?

【著者】

本日、ブルームバーグの記事に日本の個人投資家が過去最高に円売りを仕掛けているとの記事がありました。

参考:FX投資家の円売り越し最高、日米金融政策の違いに変化ないとの見方

ざっくりと記事内容を説明すると、10月13日時点で「くりっく365」でドル円のポジションが61万4623枚の円売り越しとなり、統計開始後の2006年以降で最高の売り越しを記録したとのこと。

個人的には、くりっく365はスプレッドが2銭と広いことで、多くのアクティブトレーダーが撤退したと考えています。

そして、ドル円は118円台から121円近くまで大きく上昇したことから、現時点ではそのポジションも大きく変わっているかもしれません。

そこで、2015年9月に日本でFX取引高が3番目に多い外為どっとコムが公表しているポジション比率を見てみました。

【合わせて読みたい記事】
個人投資家の注文状況をトレードに生かそう!
FXのオプション情報を利用する方法

個人投資家の全力ドル円ロングは本当か?

では、外為どっとコムの『ポジション比率情報』を見てみましょう!

ドル円ポジション比率

ええー、今週のドル円の上昇で買いポジションが10%も減っております!個人は逆張りといいますが、見事なまでの買いポジションの減少。

しかし、118円まで下がった時はしっかりと買っており、うまく利益確定できているともいえます。

では、昨日300ポイントほど動いたユーロドルをみてみましょう。

ユーロドルポジション比率
!!
なんと、昨日1日だけで買いポジションが28%から46%まで恐ろしく上昇!明らかに逆張りで買い向かっているようです。

ユーロドル1深夜に100ポイントほど下落しましたが、大丈夫でしょうか。

これを見る限り、ドル円のポジションは大きく傾いていないようですが、ユーロドルの急変に買い向かっている投資家が非常に多いということが分かります。

ユーロドルは過去のチャートを見ても、大きく下落いした後は数日間下落する可能性があります。

ユーロドルチャート

昨晩のユーロドルは、ドラギ総裁の強い金融緩和を匂わすサプライズ発言でNYクローズまで売られ続けました。
しかし、この個人のポジションをヘッジファンドなどの短期勢が刈り取りに狙うとすれば、月曜日の早朝などに大きく下落することも考えられます。

先ほど、本名内閣参与が「今すぐ追加緩和をする必要はない」と発言し、ドル円が40銭ほど下落しましたが、同時にユーロドルも売られることとなりました。日経平均先物が売られ、ユーロ円の売りが出たのでしょう。

これを見る限り、ユーロドルの上値が重いことから、12月のECB金融緩和に向けてまだまだ下落するかもしれませんね。

テクニカル的にも重要なポイントに差し掛かっているようですので、詳しくはひろぴーさんの記事をご覧ください!

12月はドラギバズーカ2か?QE2濃厚に!

児山将|みんなの外為スタッフ

児山将

みんなの外為で記事を書いています。 大学生の時からFXを初めて6年以上。FXの楽しさを伝える為に、みんなの外為を盛り上げていきます。初心者の方でも分かり易く学べるように、難しい専門用語やマーケットの説明、FX業界について記事にしていきます。 みんためのTwitterでもつぶやき中!