ナスダック

nq0613
データ:ジェネシス社 ナスダック先物、フィボナッチ

アップルをはじめとするナスダック指数のウェイトが大きい銘柄の下落に終わった先週、金曜日の流れを継いで、昨日も軟調なスタートとなったナスダック先物。
しかし、原油価格の上昇など、エネルギー関連銘柄に買いが広まり、その影響もあって、ナスダック先物は引けにかけて買い戻されました。
その結果、トレンドラインを割ることになくラインがサポートになっています。

しかし、ラインがマーケットに近いため、直ぐにブレイクしてもおかしくないでしょう。
そうなると、次のサポートゾーンは5,245.50から5,080.50。
引値から約11%下に位置しています。

急いでショートする必要はないと思いますが、空売りがかなり魅力的になってきています。

成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者