ニュージーランドドル(NZD)

更新日:2013/10/24(Thu) 21:51

ニュージーランドについて

英語名:New Zealand
和名:ニュージーランド
利用通貨:ニュージーランド・ドル(NZD) ※愛称:キウイ
人口:444万人 (2012年)
GDP:1221億ドル  (2011年)
金利:3.5% (2014年7月)
中央銀行:RBNZ (Reserve Bank of New Zealand ニュージーランド準備銀行)
格付け:AA 安定的(2011年11月)

1907年にイギリスから事実上の独立、その後はイギリスを貿易相手国として順調な発展を見せていたが、1970年以降イギリスがヨーロッパ諸国の貿易を強めた為、現在は近隣のオーストラリアが最大の貿易相手国になった。その他、アメリカ・日本の順に貿易を行なっている。酪農製品などが主な輸出品目。通貨ニュージーランドドル(NZD)はオーストラリアの通貨オーストラリアドル(AUD)と同じ動きをする事が多い。観光も主な産業の一つでヨーロッパ・アメリカのオフシーズンになると観光による大量のNZドル買いが発生するため、季節がらの為替変動があることも特徴。

ニュージーランドドルについて

国の天然記念物がキウイということから、「キウイ」という愛称で呼ばれています。

基本情報

マーケットでは「資源国通貨」と認識されているのもも、
実際の資源量はそれほど多いものではありません。

国の経済規模が小さく、短期資金が常に不足しがちなのことから金利を高めに¥に設定されています。

NZドル
ニュージーランドドル円チャート 2005/12~2016/03

特徴

隣国であるオーストラリアの値動きにとても影響されやすい通貨で、
豪ドルの動きと非常に連動性が高い通貨です。

豪ドルよりも割安売買することができますが、流動性が低いため、相場の急変時にはスプレッドが拡大しやすい傾向にあり、豪ドルと比べるとリスクも高い通貨です。

特にリスクオフの際には、豪ドルよりも大きく売られることがあります。

【注目経済指標】     -発表日-
・NZ政策金利発表   ★ 毎月第一火曜日
・NZ・四半期失業率  ★2・5・8・11月上旬
・豪州の経済指標
・中国の経済指標

変動要因

ニュージーランドドルは豪ドルと一心同体といっても過言ではありません。

豪州と経済の結びつきが非常に強いため、オーストラリアの指標に反応し、豪ドルの変動要因となる中国の指標にも大きく反応します。
さらに、オーストラリアや中国向けの輸出品の中で乳製品が多く、そのため乳製品価格がニュージーランドドルの変動要因となります。
同国の乳業大手にフォンテラがありここの発表で変動することとなりますが、
その発表が不定期なため、初動をとらえることは個人投資家は困難となります。

参考までに発表数値が確認できるサイトは以下
GLOBAL DAIRY TRADE:http://www.globaldairytrade.info/

注目指標   金融政策

ニュージーランドは経済規模が小さいため、常に短期資金が不足しています。
そのため、金利を高く設定せざる得ない状況のため、中央銀行の金融政策とそれを決める要因となるインフレ率に注目する必要があります。

しかしながら、豪ドルと同じで通貨高になると当局者がこぞって口先介入を行い、通貨安誘導を行いますので、高値圏では要注意となります。
現在の首相であるジョン・キー氏は元メリルリンチ外国為替部長であることから他のどの国のトップよりもマーケットに詳しい政治家だと思われます。

こちらもおすすめ

FX会社ランキング
毎月更新!みんかぶFXのスタッフがFX会社を徹底比較!100以上の項目を独自に比較してランキング!これを見たら自分にぴったりのFX会社が見つかるかも!?

FXスマホ比較
進化を続けるFXのスマホ取引、こだわりのチャート機能、1分1秒を争うための発注機能などを調査しました。

スプレッド一覧はこちら
各社激戦のスプレッド戦争。各社のスプレッド一覧で取引したい通貨が一番特に取引できる会社をチェック!

FX用語集