日経平均

nikkei
データ:ジェネシス社 日経先物

以前もブログで紹介した日経の中長期トレンド。先月にラインを上に抜いている。しかし、ここ数日、日経は調整色を強めている。チャート分析から、2014年8月が陰線引けであったことから、今回の上方ブレイクアウトはだましではないと思われる。月のお祭り行事となっている米雇用統計発表を前に市場が調整局面に入ることは容易に想像がつく。

nikkei2
データ:ジェネシス社 日経先物、バリュエーションモデル

金と比較して、日経先物は割高状態になりつつある。もちろん、今晩の雇用統計次第では、日経が来週から大きく値を崩すことも考えられるが、今は、ごく自然な調整期間であって、やはり、押し目を拾う展開になっていくだろう。

みんなの米国株
成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者