ノルウェー国富ファンドは動かず

【著者】

先週金曜朝9時発行の、私の英語のメルマガは以下のようなものだった。

「ノルウェーから世界へ、我が国富ファンドは株式の売却には加わらない!
ー 毎日、数行!マーケット情報で学ぶ経済英語

▲——-☆★毎日、数行! マーケット情報で学ぶ経済英語!★☆——-◇
▼———– 2016.01.22 Vol.3830 ——(Monday to Friday)———-

                        購読者数:5,653人

《このメルマガの使い方》

1、まずは原文を読んで、だいたいどのような内容かを推測する。
2、単語、表現を参照しながら、もう一度読む。
3、日本語訳で確認する。
4、最後に原文を音読する。
5、このメルマガを削除する。

それだけです。慣れてくれば、日英語での語順入れ替え、時制の不一致、
自分ならこう訳すのになどと自然に考えるようになります。

重要なのは毎日少しずつでも経済、相場英語に親しむことです。
何回分も溜めて後で読もうとすると負担になってきます。
明日も届きますので読めなかった日は、そのまま削除してください。

《世界の金融市場の話題から》

In fact, officials who supervise the $780 billion fund haven’t even
discussed the possibility of shifting strategy, according to Egil
Matsen, who this week started as the new deputy central bank
governor in charge of oversight of the investor.
(Norway to World: We’re Sitting Out the Big Wealth Fund Selloff より)

《マーケットでよくでる単語・表現》

supervise 管理する
deputy governor 副総裁
oversight 監視

《日本語訳》

実のところ、7800億ドル(約92.5兆円)の国富ファンドの運用担当者たちは、投資戦略変更の可能性すら話し合っていないと、今週、ノルウェー中銀の投資家監視担当の新任副総裁に就いたエギル・マトセン氏は述べた。

《読みやすく区切りますので、こんどは声に出して読んでみましょう》

In fact,
officials
who supervise the $780 billion fund
haven’t even discussed
the possibility of shifting strategy,
according to Egil Matsen,
who
this week
started as the new deputy central bank governor
in charge of oversight of the investor.

どうです? 上から区切るだけで、嘘のように文意が見えてきませんか?

これをやさしく感じたらしめたもの。Bloomberg から記事の続きを読みましょう。続ければ金融市場の知識と相場英語があなたのものです。
(参照)Norway to World: We’re Sitting Out the Big Wealth Fund Selloff
http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-01-21/norway-to-world-we-re-sitting-out-the-big-wealth-fund-sell-off 」

★無料(参照&登録):http://archive.mag2.com/0000142830/index.html

私は、年初来の株下げ(円買いも)は、大手機関投資家やミューチュアルファンドの売りによるものではなく、ヘッジファンドなどの投機資金による、典型的なパワープレーによるものだと見なしている。

パワープレーとは、経済のファンダメンタルズなどはお構いなしに、力尽くで市場価格を変動させようとするものだ。もっとも、経済のファンダメンタルズや当局の姿勢に不安があるような時には、より効果的となる。

投機資金のパワープレーだけだと、基本的に当初のレベルにまで戻るのだが、下げ幅の大きさに動揺して投げが出てしまうと、戻りの幅は小さくなる。また、新規の積み増しにも慎重となる。ノルウェー国富ファンドのように全く動じないところも多いとは思うが、今回の下げ幅は、慎重になるところが出てきてもおかしくない大きさだった。

今後、2016年末の株価水準の見通しを引き下げる所が出てくるかも知れない。

【みんかぶマガジン】矢口氏のコラム
最新記事:16/12/5「イタリア国民投票の焦点
矢口 新

独自テクニカルで『相場のタイミングを捉える』 矢口 新

大学卒業後、国内外の大手証券会社にて為替、債券のディーラー、機関投資家セールスを勤めた後、株式会社ディーラーズ・ウェブを創業(2002年5月~2013年5月)。2013年4月まで同社代表取締役社長。