マーケット

NY銅 11/21

【著者】

銅チャート分析

11月の中国製造業PMI速報値は50.0と前月改定値の50.4から低下。市場の予想(50.3)よりも下回ったこともあり、銅消費国である中国経済は、依然、停滞中で、銅価格の押し下げる要因となった模様。

copper
データ:ジェネシス社 NY銅

テクニカル分析から、銅価格は底値が固まりつつあり、ここから上昇する可能性を秘めている。ストキャスティックスなどのテクニカル指数は安値が切り上がっている。310.45セントを超えて引けるかポイントになっている。チャート上にマルで囲ったアウトサイドバーのレンジを抜けていない。引けでこの高値を抜けると一気に上昇モメンタムが強まるだろう。反発すると予想できるが、それでも、中期下降トレンドが上昇へ転じたわけではない。

みんなの米国株
成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者