NYオプションカット

【著者】

NYオプションカット

FX会社のニュースでよく流れるオプション関係の言葉に、「NYオプションカット」という言葉があります。
これは、カットオフタイムとも呼ばれ、「通貨オプション」の権利行使の最終的な締め切り時間のことです。
NYオプションカットの時間帯は、日本時間の24時です。
(夏時間は23時)

通貨オプションとは、あらかじめ定められた期間や期日に、定められた価格で買う権利、または売る権利を売買する取引のことです。

具体的には、1か月後にドル円を100円で100万ドル買う権利という感じです。
この権利を売る側は、証券会社や銀行などの金融機関で、買う側はトヨタなどの貿易企業であったり、投資目的の金融機関になります。

上記の1か月間ドル円を100円で買う権利を100万円としましょう。
そうすると、買った側はオプションカットの時間にドル円が100円よりも安ければ権利を行使する必要がありませんが、ドル円が100円よりも高ければ権利を行使します。
仮にドル円が105円だと、市場で105円で売ってすぐに買い戻せば5円の利益になりますからね。
しかしながら、100円に近ければどうなるでしょう。
権利を買った側は100円より上で時間を迎えたいですが、売った側はそうならないようにドル円を売っていくかもしれません。
そのような思惑の売買が働くために、NYカットの時間帯では、設定された価格付近に近づく傾向があるようです。

FX会社のニュースなどには、

102.60円 OP9日NYカット
102.50円 売り 本邦勢、OP9日NYカット大きめ
102.00円 OP9日NYカット

などと表示されています。

この場合、一番影響するのが102.50円のオプションになります。
この時は、1300本(1本=1億ドル)が残っておりました。

だいたい、1000本以上あると値動きに影響するといわれております。

NYカットを通過すると、オプションの影響が無くなるために当日高値を更新してくるといったことが起きやすくなります。

オプションのまとめページ
FXに役立つオプションの知識

【合わせて読みたい記事】
個人投資家の注文状況をトレードに生かそう!
FXのオプション情報を利用する方法

FX初心者にも分かり易く! みんなの外為スタッフ

みんなの外為はFXの無料情報サイトです ドル円など主要6通貨の「リアルタイムチャート」、過去の結果と今後の発表が一目で分かる「経済指標一覧」、今後の変動予想に役立つ「FXコラム」、「初心者入門コンテンツ」、最新の「FX比較」など、勝つ為のFX情報が詰まっています!