【NY市場】ドル円は底堅い推移 ECBは慎重姿勢を強調

きょうのNY為替市場でドルは上に往って来いの展開となった。序盤はこの日のECB理事会を受けてユーロが下落した半面、ドル買いが優勢となった。ECBは予告通りに資産購入の終了を打ち出した。ただ、そのこと自体は大方の予想通りだったことからインパクトはなかったが、ECBのスタッフ見通しとドラギ総裁の会見が慎重姿勢を強調したことからユーロは売りの反応を見せている。ECBは2019年の成長とインフレの見通しを下方修正したほか、ドラギ総裁は会見で「最近のデータは予想よりも弱く、リスクバランスは下に向っている」と述べていた。

ただ、中盤にかけて米株が伸び悩み、原油が買い戻されるなか、ドルは徐々に戻り売りに押されている。米景気の先行き懸念から来年の利上げ期待が大きく後退しており、ドルの上値も重い。

ドル円はNY時間に入って買い優勢となり、一時113.70円近辺まで上昇した。投資家は米中貿易協議への懸念を消化し始めようとしている。中国の国営企業による米大豆の輸入再開が確認され、市場も次第に合意に向けて楽観的になっている模様。ただ、ドルが戻り売りに押されるなか、114円を試す動きまでは見られていない。

ドル円はきょうの上げ21日線を上放れする展開が見られている。目先のターゲットである114円を試す動きまではまだ出ていないが、底堅さは堅持している印象。

一方、ユーロはECB理事会を受けて売り優勢となったものの、後半には下げを取り戻している。ドイツをはじめとしたユーロ圏の指標の弱さや、フランスやイタリアの混乱などを考慮すると、ECBが慎重姿勢を強調するのは想定範囲であったのかもしれない。市場も改めて確認したといった反応ではあった。

ECB理事の一部からは、より景気の先行きに対して慎重なトーンを望む声も出ていたという。ただ、最終的には全員が賛成したようだ。

ポンドも序盤は戻り売りに押された。メイ英首相は与党・保守党内の党首としての信任投票に勝利したが、今後の展開は依然として不透明。きょうはブリュッセルでEU首脳会談が行われており、メイ首相は、より良い条件をEUから引き出したい意向を示しているが、EU側も再交渉には応じない姿勢を示しており難航しそうだ。

一部からは今回のメイ首相の勝利で不秩序なEU離脱の可能性は後退したものの、離脱そのものが覆る可能性が高まったとの指摘も聞かれる。前日の信任投票で不支持の人数は117名いたが、保守党内の反対勢力が造反し、野党・労働党と組んで議会での首相としての信任投票を求める可能性があるという。そうなれば2回目の国民投票への道が開かれることもあり得るという。

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

野沢卓美 | minkabu PRESS編集部

野沢卓美 | minkabu PRESS編集部

minkabuPRESS編集部所属