【NY市場】米経済指標が強い内容でドル円はFOMC後の下げを取り戻す

 きょうのNY為替市場、ドル円FOMC後の下げを取り戻している。この日発表になった米経済指標が強い内容となったことで買い戻しが膨らんだ。この日は米雇用統計とISM製造業景気指数が発表になった。米雇用統計は、非農業部門雇用者数(NFP)が30.4万人増と予想をかなり上回る内容となった。前回分が大幅に下方修正されたが、それを考慮しても力強い内容だったと言える。失業率は4.0%に悪化したが、労働参加率が上昇したことが影響したものと思われる。米政府機関閉鎖の影響はひとまず見られていなかった。

 一方、ISM指数は前回分を上回り、予想も上回った。米政府機関閉鎖や米中貿易問題、そして世界経済の減速などで、このところ米製造業のセンチメントの落ち込みを示す指標が多かったが、予想外に底堅い数字だったことで、市場もポジティブな反応を示したものと思われる。

 米国債利回りが上昇する中、ISM指数発表後にドル円は一気に買い戻しを強め、109円台半ばまで上昇。上値を拒んでいた21日線も回復し、FOMC後の下げを取り戻した。

 ユーロ円ポンド円といったクロス円も堅調。FRBの慎重姿勢に加え、指標も好調だったことから米景気減速への過度な懸念が後退。リスク選好の雰囲気もあり円安が進んだようだ。

 一方、ユーロドルは1.14ドル台で上下動。米指標発表後はドル買いが優勢となり、ユーロドルは戻り売りに押された。しかし、今週のFOMCを受け、米利上げ期待が大きく後退する中、目先はドルの上値を積極的に追いにくい。ただ、ユーロ自体も上値を追いにくい状況もある。この日のユーロ圏消費者物価もインフレの高まりを示さず、ECBも慎重姿勢を強調し始めている。ドル安の流れはあるものの1.15ドル台は簡単ではなさそうだ。

 ポンドはNY時間に入って買戻しが優勢となった。ポンドドルはこの日発表の英製造業PMIが弱い内容だったことでロンドン時間に1.3045ドル付近まで値を落としていた。きょうはEU離脱関連のニュースがあまり伝わっていなかったことも、ポンドの下げを誘ったとの指摘も聞かれる。ただ、NY時間に入ると1.31ドル付近まで戻す展開となっており、1.3035ドル付近に来ている200日線はサポートされリバウンドの流れは維持している。

 英国はEUに対して離脱合意を再交渉することを決めている。しかし、EU側は再交渉に応じる気配は見せておらず、合意なき離脱への懸念は依然として燻っている。英議会は否決していたが、3月の離脱期限は延長になると見ている向きは依然として多い。3月の離脱から2020年まで1年間の移行期間があるが、それも延長されるとの見方も少なくない。

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

野沢卓美 | minkabu PRESS編集部

野沢卓美 | minkabu PRESS編集部

minkabuPRESS編集部所属