【NY市場】ISMが予想上回りドル買い強まる ドル円は一時112円台を回復

 きょうのNY為替市場はドル買いが強まり、ドル円は112円台に上昇する場面も見られた。この日発表のISM非製造業指数が予想を上回ったことがドル買いを強めている。

 12月、1月は景気の先行き不透明感や政府機関閉鎖などで低下が続いていたが、閉鎖も解除されたことから米サービス業のセンチメントは回復している模様。先週発表になった製造業はセンチメント回復の鈍さを示していたが、製造業の場合は海外経済や米中貿易問題の影響が色濃く出ているのかもしれない。個人消費など米内需の底堅さを示しているとも言え、きょうの結果はポジティブな内容ではあった。

 なお、雇用指数は前回から低下していた。週末に米雇用統計の発表を控え気がかりな結果ではあったが、必ずしも傾向が一致するとは限らない。

 ドル円はISM発表後に買いが強まり112.15円近辺まで一時上昇。前日売りを誘った米株の下げもきょうは一服感も見られた中、ドル円は底堅い推移が続いていた。ただ、市場全体が次の材料探しの雰囲気も強まる中、112円台に入ると戻り売り圧力に押され、積極的に112円台を試す動きまでには至っていない。年度末に向けた本邦勢の売りやオプション絡みのオーダーなどが上値を抑えている。午後になると米国債利回りが下げに転じたことからドル円も111円台後半に戻す展開。

 一方、ユーロドルは売りが強まり一時1.13ドルを割り込む場面も見られた。今週のECB理事会を控えて、ロングポジションの調整も出ている模様。目先は1.1280ドルが下値メドとして意識。

 ポンドは序盤に売りが強まり、ポンドドルは1.30ドル台まで下落する場面も見られた。バルニエEU首席交渉官とコックス英法務長官がブリュッセルで会談を行っているが、問題の打開に繋がると英政府は見込んでいないと伝わったことがポンドを圧迫。しかし、カーニー英中銀総裁が議会証言を行っており、「政策金利に対する市場の見通しは十分高くないかもしれない」と述べていたことをきっかけに買い戻しが出ていた。

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

野沢卓美 | minkabu PRESS編集部

野沢卓美 | minkabu PRESS編集部

minkabuPRESS編集部所属