【NY市場】ドル円に買い戻し 米商務省の暫定措置でリスク回避一服 2回目の国民投票期待でポンド乱高下

 きょうのNY為替市場でドル円は買い戻しが優勢となり、110.50円付近に来ている100日線を一時回復したほか、110.70円付近の21日線を試す動きも見られた。ドル自体は強い動きは見られなかったものの、円安の動きがドル円を押し上げている。

 米中対立が激化する中、トランプ大統領が事実上のファーウェイ向けの制裁措置を発動しているが、それに対して米商務省が既存のネットワークやスマホの保守などに限って8月19日までの猶予を設定したことで懸念が緩和している。

 米株もIT・ハイテク株中心に買い戻しが入る中で、ドル円もリスク回避一服といったところのようだ。ただ、米商務省が発表した措置は新製品向けは対象になってはいない。あくまで暫定措置であり、基本的には制裁措置に変更はない。

 前日のドル円は109円台に一時下落していたが、下押しすることなく底堅く推移していた。そのような中、きょうの市場の雰囲気を見てショート勢が買い戻しを入れていたのかもしれない。

 きょうはポンドやユーロが急速に上昇する場面が見られた。メイ首相はEU離脱協定に関連した新たな法案提出を発表した。3度否決され4度目の正直だが、同首相がこれまで頑なに拒否していた2回目の国民投票実施に関しても議会採決にかける可能性があるとしている。

 ただし、条件として自身の法案が通過したならば、国民投票実施の是非を議会採決にかけるとしている。メイ首相はこの法案がEU離脱に向けた最後のチャンスでこれを承認しなければ、合意を伴った離脱はできないとも語った。

 ポンドドルは1.26ドル台に下落してNY時間が始まったが、2回目の国民投票の可能性が伝わったことで、一時1.28ドル台まで急上昇する場面が見られた。しかし、買いが一巡した後は戻り売りに押され元の位置に戻っている。上に往って来いの展開。英議会の行方はなお不透明で合意無き離脱のリスクは残る。メイ首相の後継に立候補を表明している離脱強硬派のジョンソン前外相は、メイ首相の法案に既に反対を表明している。

 ユーロドルもポンドに連れ高し、1.11ドル台後半まで上昇したが、1.1160ドル近辺に戻す展開。

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

野沢卓美 | minkabu PRESS編集部

野沢卓美 | minkabu PRESS編集部

minkabuPRESS編集部所属