【NY市場】ドル売り優勢でドル円も下落 ポジション調整の動きか

 きょうのNY為替市場はドル売りが優勢となり、ドル円は109.30円付近まで下落。きょうはトランプ大統領の発言もあって、前日に高まっていた米中貿易問題への懸念が一服しており、ドル円も109.70円近辺まで上昇する場面が見られた。しかし、その後は戻り売りに押されている。円高よりもドル売りがドル円を圧迫。

 ドル売りを誘発するファンダメンタルズ的な材料はないが、米市場が明日から3連休に入ることもあり、ポジション調整が出ているものと見られる。目先は今月安値の109円ちょうど付近が下値サポートとして意識される。

 ユーロドルは1.12ドル台に上昇。きょうの上げで21日線を上回っており、来週以降の動きが注目される。週明けには欧州議会選挙の結果が判明するが、ポピュリスト政党の躍進が予想されている。しかし、世論調査では主導権を握るまでの勢いはなさそうだ。特にユーロ自体の買い材料は見当たらず、ドルロングの調整がユーロドルを押し上げたものと思われる。きのうはユーロ圏やドイツのPMIが発表になっていたが、いずれも弱い数字が並んだ。下期のユーロ圏の景気回復のシナリオを遠ざける内容ではある。ECBの追加緩和も見込まれるなか、ユーロの上値を積極的に追う動きまでは期待できそうにない。

 ポンドも買い戻しが出ており、ポンドドルは1.27ドル台に上昇。きょうはメイ首相が6月7日に退陣することを表明した。同時に次期首相を選ぶ保守党・党首選レースのスタートとなる。離脱強硬派のジョンソン前外相が立候補を表明しており、人気も高まっているようだ。ただ、合意なき離脱のリスクもその分高まる。英議会では合意なき離脱はしないことで通過しており、可能性はなお低いものの、テールリスクとしてはこれまで以上に意識されるところ。誰が次期首相になるかわからないが、ポンドはこの先も不安定な動きが警戒される。

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

野沢卓美 | minkabu PRESS編集部

野沢卓美 | minkabu PRESS編集部

minkabuPRESS編集部所属