【NY市場】ドル円は下げ渋るも下向きの流れ続く 景気の先行き懸念と利下げ期待が引き続き上値圧迫

 きょうのNY為替市場、ドル円は下げ渋る動きを見せた。この日発表の米経済指標が弱い内容だったことや、トランプ大統領の中国や欧州は為替操作しているとの言及などもありドル売りが強まったことで、ドル円も下げる場面が見られたものの、一時的な反応に留まっている。

 ただ、ドル円はサポートとなっていた108円を前日にブレイクし、きょうの東京時間には107.55円付近まで一時下落した。米中貿易問題への懸念は一段落しているものの、世界経済の先行き不透明感が根強く、各国国債の利回りの下げがドル円を圧迫している。米10年債は一時1.93%台と2016年11月以来の水準まで低下した。

 NY時間に入ってドル円は買い戻しが出たものの、きょうの下げで21日線を下放れる動きが見られており、下向きの流れは続いている。

 市場はFRBの利下げを占ううえで、休み明け金曜日の米雇用統計に注目が集まっており、それに対する市場の反応を確認したい雰囲気が強いようだ。

 ユーロドルはトランプ大統領の発言で瞬間的に1.13ドル台に上昇する場面が見られたものの短期的な動きに留まり、全体的には1.12ドル台後半での推移が続いている。この日発表の米経済指標も弱い内容が相次ぎFRBの利下げ期待からドル売りが優勢となっているものの、ユーロも上値が重い。ECBも追加緩和期待高まっており、ユーロ買いにも積極的にはなれないようだ。欧州首脳は次期ECB総裁のラガルドIMF専務理事を指名してきたが、ラガルド氏も景気をサポートする追加緩和に積極的とも見られており、欧州債の利回りも低下が続いている。

 ユーロドルは1.13ドルちょうど付近に来ている21日線が上値抵抗に変化しつつあり、再び下向きの流れ回帰の兆候も見せている。

 ポンドは戻り売りが続き、ポンドドルは1.25ドル台に下落し、一時1.2560ドルまで下落。きのうはカーニー英中銀総裁から景気の下振れ発言が出ていたことから、英中銀はこれまでの強気な姿勢からハト派に転じるのではとの思惑が市場に広がっている。英経済指標もそのハト派な期待を裏付けており、この日発表になった英サービス業の6月のPMIは予想を下回る内容となっていた。

 サービス業以外に、今週発表のPMIは製造業、建設業とも弱い内容が相次いでおり、EU離脱問題や貿易問題をきっかけに英企業がセンチメントを下げている様子が示されている。8月1日に英中銀は金融政策委員会(MPC)を開催するが、追加緩和の可能性まで示唆するかは未知数だが、少なくとも利上げ期待は後退させる可能性はありそうだ。

 ポンドは再び下値模索を始めそうな気配を強めているが、目先は6月18日安値1.2505ドル付近が意識される。

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

野沢卓美 | minkabu PRESS編集部

野沢卓美 | minkabu PRESS編集部

minkabuPRESS編集部所属