マーケット

NY原油先物

【著者】

9月下旬にアルジェリアで開催が予定されているOPECの非公式会合を控えて、主要産油国が生産調整に向けて合意を図るのではないかとの期待が高まっているため、WTI先物が買われたと時事通信は伝えている。

また、米エネルギー情報局が前日発表した週報で原油在庫が4週間ぶりに減少に転じたことも需給の引き締まり観測につながり、相場を支える材料となった模様。

oil-1データ:ジェネシス社 NY原油、フィボナッチ

47ドル台に多くのレジスタンスがあったため、上昇モメンタムが失速すると思っていたが重要なレジスタンスゾーンを突破。48.36ドルから48.80ドルのゾーンをブレイクしたことで、このゾーンがサポートになる。

また、重要なサポートゾーンは46.12ドルから45.12ドル。
押し目を拾うスタンスになるが、45ドルは重要なサポートで多くのストップがおかれているだろう。

みんなの米国株
成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者