マーケット

NY金|5/28

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/05/28

4月の米耐久財受注は、3カ月連続で増加。また、コンファレンス・ボードがまとめた5月の米消費者景気信頼感指数も前月から上昇。景気回復期待を背景に株価が堅調に推移し、ドル買いが進む中、金塊は一段安となった。

gold1
データ:ジェネシス社 NY金、バリュエーションモデル

今月初めのレポートでは、金価格は取組高の上昇にともない、上へブレイクすると予想した。しかし、ウクライナ情勢などの地学リスクに変わりないものの、ゴールドは値を下げてきた。しかし、注意すべきは、米国債と比較して、既に金は割安状態にあり、買い戻しが入り易くなっている。

gold2
データ:ジェネシス社 NY金、フィボナッチ

目先、サポートは1,262.2から1,260.1までに薄めのゾーンが控えている。既に、ゾーン間近と言うこともあって、ブレイクアウトがだましとなる可能性が高い。ここは、一旦、買い戻しを待って売り仕掛けるか、もしくは様子見のスタンスだろう。

[DMMFX_CB]

成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者