【NY市場】FOMC受けてドル全面安

 注目のFOMCは予想以上に慎重な姿勢が見られた。
政策金利の現状維持は事前見通しと一致。年内の終了を見込まれていたバランスシートの調整については国債に関して5月からのペースを半分に鈍化、9月末で終了と、規模、時期ともにより緩和的に。
声明では、景気判断を減速に下方修正。ドットプロットでは年内据え置き見通しを示唆した。

 こうした状況を受けて、ドルは全面安に。
ドル円は111円台半ば前後から111円の大台をしっかりと割り込んで110円50銭台まで値を落とす格好に。
 FOMC前までは揉み合いが続いていた。米株の軟調地合いが重石も、下値も限定的に。

 ユーロドルが1.1350近辺から1.1450手前を付けるなど、ドルは全面安の動きとなった。
 ユーロ円は限定的に動きにとどまっており、円主導ではなく、ドル主導の展開に。

 ロンドン市場でメイ首相がEUに対して6月30日までの離脱期限延長を要請豚報道に値を落としたポンドは、その後の揉み合いから、FOMCでのドル売りで対ドルでいったん回復も、その後再び軟調。
 ユンケル欧州委員長は5月23日までか、より長期の延長しか認めないと発言、トゥスクEU大統領は延長を認めるには今月29日までに協定を議会で合意することと発言するなど、欧州側からの反発などが重石となっている。
対円ではドル円の下げにポンドドルの下げもあって値を落とし、東京市場の148円台から145円台後半までの大きな動きに。

minakbuPRESS編集部山岡

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

山岡和雅 | minkabu PRESS編集部

1992年チェースマンハッタン銀行入行。1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍。10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。2016年3月よりみんかぶ(現ミンカブ・ジ・インフォノイド)グループに入り、現在、minkabu PRESS編集部外国為替情報担当編集長。(社)日本証券アナリスト協会検定会員 主な著書に「初めての人のFX 基礎知識&儲けのルール」すばる舎、「夜17分で、毎日1万円儲けるFX」明日香ビジネスなど メールマガジン「外国為替ディーラーの心の中」( https://www.mag2.com/m/0000094647.html )を毎営業日朝に好評配信中