NY原油|2015/04/13

【著者】

米国内の石油掘削リグ稼動数が減少。18週連続の減少で、昨年10月のピークの1,609から53%も下げている。

oil1
データ:ジェネシス社 NY原油、OBV、フィボナッチ

今年に入り、プライスとOBVとの間に明確なダイバージェンスが形成されている。これまで40ドルを割ることができなかったNY原油も昨年からの下落に生産者側の対応が進み、そろそろ、買い戻しが入る易くなってきている。
当面は、55.50から57.26ドルのレジスタンスゾーンを突破できるか注目したい。61ドルに大きなレジスタンスポイントが控えている。このポイントを抜けていくと68.46ドルがみえてくる。

みんなの米国株
成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

幅広いマーケットから相場を読み解く! 成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者