NY原油

米金融大手ゴールドマン・サックスは内戦状態にあるナイジェリアや森林火災が発生したカナダでの生産停止を背景に石油市場が供給不足に転じたと説明し、今年下半期の原油価格見通しを50ドルに引き上げた。数ヶ月前、20ドルを割ると予測していたが、ここにきて、一気に方向転換。

oil-1データ:ジェネシス社 NY原油、トレンドモデル

先週、プライスパターンからNY原油先物価格は下降すると予測したが、残念ながら、先週の木曜日の高値をうえに抜けて上昇。あらためて、上昇基調の継続が確認された。目先、49.45ドルがターゲットになっているが、金や米国債先物と比較してもWTIは割高。そして、買われ過ぎになっている。

昨日の安値@46.15ドルより下にストップをおいてアップスイングをフォローするか、それとも、逆指を置いて短期的なショートポジションを建てることになる。

みんなの米国株
成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者