マーケット

火曜日のNZドル円戦略

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/05/13

火曜日のダウ上昇確率が高いのはナゼ?

POMO(permanent open market operation)ってご存知ですか?NY連銀が窓口となり、金融機関の保有している米国債券、不動産担保証券等を買い取り、金融機関はその売却で入ってきた資金を株式買いに利用するというものです。実は、このオペレーションが毎週火曜日に行われており、今年に入っての火曜日のダウの結果を調べてみたところ、72%(18週中13週が陽線)の確率で上昇しています。

株と為替は相関性が高い!

ご存知の通り、株式市場と為替は連動性が高いとされています。その恩恵を受けているのが、金利の高いNZドルです。火曜日の始値で買い、終値で売る取引を行っていた場合、今年の戦績は12勝6敗。その間の為替差益の合計は5円46銭なのです。NZの高い政策金利も影響していると考えられます。
今月に入り、ボラティリティは低下傾向、先週のドル円週間高低差はわずか80銭程度。火曜日のNZドル円戦略でコツコツトレードを行ってみるというのも一考ではないでしょうか?

<資料>NZドル円の推移
NZD
出所:Bloomberg

全国セミナープロジェクト第2弾!(沖縄)
5/31
http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2188

6/1
http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2189

※当社の開催するセミナーには外国為替証拠金取引『M2JFX』の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

当社提供番組
ラジオ日経 ザ・マネー「西山孝四郎のFXマーケットスクウェア」
(毎週金16:00~16:45)
http://market.radionikkei.jp/fxms/

比嘉 洋|マネースクウェアジャパン シニアコンサルタント

比嘉 洋

米金利の裁定取引に長く従事。 相場の読みには定評があり、人気ストラテジストとして活躍中!