ニュージーランドドル通貨先物

COTレポート分析


データ:ジェネシス社 ニュージーランドドル通貨先物、COTレポートインデックス、COTレポート

ニュージーランドドルは対米ドルでこの1ヶ月間、かなり買い戻されていました。
COTレポートをみる限り、実需筋であるコマーシャルズがここまで買いヘッジを積み上げていました。コマーシャルズが先導しているマーケットはそれなりの理由があります。


データ:ジェネシス社 ニュージーランドドル通貨先物:週足、シーズナルパターン

ニュージーランドドルは、例年、12月から年初まで上昇基調となっています。
今回のニュージーランドドルの買い戻しは季節性周期だけではないようです。


データ:Investing.com ニュージーランド世界乳製品価格指数

乳製品価格指数が上昇傾向にあったようです。コマーシャルズはこの価格変動に、敏感に反応していたようです。もちろん、ニュージーランドドルの政策金利は比較的高く設定されていることもあり、キャリートレードのプレイヤーも買い戻しに参加していたようです。


データ:ジェネシス社 ニュージーランドドル通貨先物(日足)、ADX

トレンドの強さを示すADXは80を超えてきて、相場がかなり過熱状態になっていることを示しています。17日はアウトサイドバーを形成していましたが、この安値を割ってくるようだとかなり強く下げてくるでしょう。

そろそろ、ロングポジションの解消が活発になってくるでしょう。

成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者