マーケット

原油価格は反発に転じる

【著者】

昨日からの流れ

昨日は週末に行われた原油増産凍結に向けた会議で合意に至らなかったことを受けて、原油価格が下落となり、オセアニア時間から資源国通貨が下落、リスク回避の円買いが進むスタートとなりましたが、その後は落ち着きを取り戻し、原油価格が反発に転じ、資源国通貨は底堅い推移となり、逆に買われていた円が売られる展開となりました。その流れもあり、ドルは円以外の通貨で下落する動きとなっています。

主要通貨ペアの推移(2016/4/19)

USDJPY

ドル円(USD/JPY)はオセアニア時間から下値を探る動きが続きましたが、欧州時間以降は反発に転じ、109円台手前まで戻す動きとなっています。
日足チャートを見ると、先週序盤のサポートとなった107.60よりも上で盛り返す動きとなっており、底固めを始めているようにも感じられる状況となっています。本日は109円台にしっかりと乗せる事ができるかどうか、さらには先週の高値となった109.73付近を突破できるかどうかに注目したいところです。
下方向は引き続き、サポートとなっている107.60を守れるかどうかに注目です。この水準を破られると下落がさらに勢い付く可能性があるため、注意が必要です。

ドル円

EURUSD

ユーロドル(EUR/USD)は小動きながらも底堅い動きとなり、1.13台を回復する動きとなり、米国時間は上値の重さが残る動きとなりましたが、なんとか1.13台を守りきってNYクローズを迎えています。
本日はこの1.13台を守れるかどうかに注目したいところです。時間足チャートで安値を結んだトレンドラインを引くと、ちょうどその付近がトレンドラインと接触する水準と考えられることも、割り込んだ際に下落が勢い付きそうな気配を漂わせています。

ユーロドル

EURJPY

ユーロ円(EUR/JPY)は直近のサポートとなっていた122円付近を割り込み121円台に突っ込む動きとなりましたが、反発する動きとなり、123円台を回復する動きとなりました。日足チャートでは長い下ヒゲを伴う陽線が出現となったため、本日も底堅い動きとなる可能性が高まっていると考えられます。本日はまず、昨日の戻り安値となる123.00をしっかりと守れるかどうかに注目したいところです。

ユーロ円

GBPUSD

ポンドドルはオセアニア時間からアジア時間にかけては下値を探る動きが続きましたが、欧州時間以降は底堅い動きとなり、下落分以上に上昇となり、1.43に迫るところまで反発する動きとなりました。日足チャートを見ると、保ち合い状態が続いており、徐々に値幅が収縮し、抜けた方に大きく動きそうな気配を漂わせています。ただし、徐々に三角形の先が近づいているため、保ち合いを抜け出したことを確認するためには、直近の高値や安値を終値ベースで抜けることを確認した方が、より精度が高いかもしれません。

ポンドドル

AUDUSD

豪ドルもオセアニア、アジア時間は軟調な推移となりましたが、欧州時間以降に盛り返す動きとなり、直近のレジスタンスとなっていた0.7735付近を上抜ける動きとなりました。下落分を全て埋め、さらに高値を更新と力強い上昇となっており、本日も底堅い動きとなることが想定され、0.80台も視野に入れた上昇基調はまだ続きそうな気配がしています。

豪ドル

本日の注目材料

本日はアジア時間にRBA議事録、欧州時間にZEW景況指数、米国時間には米国住宅着工件数などの経済指標の発表が予定されています。いずれも発表直後に多少動く可能性があるものの、大きな流れを作り出すには役不足と考えられますが、米国経済指標が冴えない結果となってしまうと、先週の弱い米国経済指標の結果と併せて、ドルの上値を圧迫する材料となりそうです。

本日は米国時間にスティーブンスRBA総裁やカーニーBOE総裁の講演、ポロッツBOC総裁の議会証言など中央銀行総裁のコメントきかが多数予定されています。スティーブンス総裁の口から、豪ドルの水準や追加利下げに関してなどのコメントが出てくると豪ドルを中心に動きがあるかもしれません。

また、昨日は反発に転じた原油価格の動向にも引き続き注意が必要です。引き続き神経質な動きとなることが想定され、資源国通貨はもちろんのこと、値動きに併せて市場のリスク許容度が揺さぶられる可能性があり、円が揺さぶられるというシナリオが考えられます。

本日の予定

08:00 ローゼングレン・ボストン連銀総裁(投票権あり)講演
10:30 RBA理事会議事要旨
14:30 日3月全国百貨店売上高
15:00 EU国防相理事会
17:00 ユーロ圏2月経常収支
17:30 伊2月経常収支
17:30 香港3月失業率
18:00 ユーロ圏2月建設支出
18:00 ユーロ圏4月ZEW景況感指数
18:00 独4月ZEW景況感指数
21:30 米3月住宅着工件数・建設許可件数
21:55 米レッドブック週間小売売上高
22:30 スティーブンス豪中銀総裁講演
23:35 カーニー英中銀総裁講演
24:00 ポロッツ・カナダ中銀総裁議会証言

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト