パリティー

【著者】

パリティとは等価であることを意味します。
均衡、 同格という意味でもあります。

これが外国為替・FXの用語では、為替レートの1.0000を意味します。

例えば、ユーロ/ドル1.0000、豪ドル/NZドル1.0000、ユーロ/スイス1.0000などです。

ユーロドルの場合は、1ユーロを買うには1ドル必要。1ドルを買うにも1ユーロ必要。
豪ドル米ドルの場合が、1オーストラリアドルの価値は1ドルと同じ。1ドルの価値は1オーストラリアドルと同じということになります。

これを日本円に直すと、ユーロドルがパリティー(1.0000)の場合は、ドル円が100円だとユーロ円も100円になります。

・ドル円(100円) × ユーロドル(1.0000) = ユーロ円(100円)

パリティとマーケット

パリティは、ドル円が100円のように心理的節目となることが大いにあります。

過去には、豪ドル/NZドル、米ドル/ドルスイスフラン、ユーロ/ポンドなどがパリティを非常に意識した値動きとなっています。

また、パリティには巨額なオプションが混在することも多く、パリティを越えると値動きが加速するということは珍しくありません。

具体的に例を出してみましょう!

下のチャートは、米ドル/スイスフランのチャートです。

パリティ_ドルスイス

2006年以降の月足チャートですが、パリティがサポートラインのように反発したり、一度割り込んだ後はパリティがレジスタンスラインのように機能していることが分かります。

FXを行う際には、パリティを意識して取引を行ってみてはいかがでしょうか。