10月末に向けて、しっかりと押し目を拾う

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/08/20

前回の当欄において、10月31日の日銀金融政策決定会合での追加緩和の可能性について言及、「10月末買い・4月末売りの波に乗るというのが私のシナリオです」とお伝えをしました。今回はその「10月末買い・4月末売り」について触れてみたいと思います。

●相場は確率に賭けるゲーム
ご存知の通り、株価と為替の動きは相関性が高いとされています。「10月末買い・4月末売り」と言うのは半年投資の株式市場のアノマリーを為替に当てはめたものなのです。下記のチャートはダウのデータを確認したものですが、2000年以降12勝3敗となっており、この半年投資の勝率の高さをお分かりいただけると思います。

<資料1>ダウの10月末買い・4月末売りの結果
pick-up-diapers-firmly-1
出所:Bloomberg 赤字:うまくいかなかった年

相場に絶対はありませんが、相場と言うのは確率に賭けるゲームです。今年に関していうと、米国では中間選挙(11月)が実施されます。中間選挙後の株価は来年にかけて上昇する傾向が高く、例年以上にこちらの「10月末買い・4月末売り」のアノマリーがうまくいくのではないかと考えています。

つまり、如何にそれまでに押し目を拾えるのかが重要となってきます。これからの時期、短期的な資金・中期的な資金の配分を考え、来るべき大相場に備える時期と言えそうです。

9/6(土)
土日で学ぶFX!全国セミナープロジェクト2014・名古屋セミナー【基礎編】

http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2265

※当社の開催するセミナーには外国為替証拠金取引『M2JFX』の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

当社提供番組(テレビ)
日経CNBC「FXマーケットスクウェア」(月~金 20:00~20:05)

http://www.m2j.co.jp/landing/fx_market_square/

当社提供番組(ラジオ)
ラジオ日経 ザ・マネー~西山孝四郎のFXマーケットスクウェア
(毎週金16:00~16:45)

http://market.radionikkei.jp/fxms/

マネースクウェア・ジャパン シニアテクニカルアナリスト|比嘉 洋様ご寄稿記事
https://fx.minkabu.jp/hikaku/fxbeginner/author/higa/

bn_350_80
比嘉 洋|マネースクウェアジャパン シニアコンサルタント

常に個人投資家の皆さんとともに! 比嘉 洋

米金利の裁定取引に長く従事。 相場の読みには定評があり、人気ストラテジストとして活躍中!