マーケット

ポンドエクスプレス発車!!

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/07/15

本日はポンド経済指標の結果を受け100ポイント近く急上昇しました。
対円は年初来高値が175.36円(7/4)とまだ1円ほど高い位置にありますが、対ドルは年初来高値1.1779(7/4)と面合わせをする格好となっており、本日にも年初来高値を更新する可能性が出てきました。

その指標結果は以下。

みんなの外為 FX    取引のコツは 『経済指標』! 注目の経済指標でどう動く?

政策金利に影響を与える消費者物価指数(CPI)が予想1.7%のところ結果は2.0%とインフレが加速していることが分かります。
さらに、生産者物価、小売物価も上昇し利上げせざる得ない状況へ近づいていることが分かります。

ちなみに、昨年の7月にマークイット社が英国民に実施したアンケートでは35%の人が「BOEは来年にかけて利上げに踏み切る」と回答しており、「2年以内」では53%となっていました。
そして、インフレに慣れている英国民に先日「金利上昇は受け入れられるか。」といったアンケートが行われたそうですが、「5%までなら受け入れられる。」と回答した人が半数いたそうです。
今年賃金上昇率がインフレを上回り、失業率が順調に低下している英国の調子の良さを物語る結果ではないでしょうか。

さて、昨晩1.71を割れたと騒がれたポンドですが上記の結果から圧倒的に上昇相場へ逆戻りとなりました。
これに先ほど発表された「NY連銀製造業景気指数」が予想17.0のところ結果は驚きの25.6となり、マーケットはリスクオン継続へ。
NYダウも史上最高値を更新してスタートとなっています。
ひとまずイエレンFRB議長の議会証言に注目が集まりますので、一旦利益確定をしておきたいところです。
しかしながら、ポンドは1.72のオプションバリアを突破できれば独歩高を演じる可能性が高そうですので、こういった動き始めた初日の動向はいつも以上にチェックしておき、初動を捉えて楽にトレンドに乗りたいところですね。

fx.minkabu.jp chart
高機能チャート|http://fx.minkabu.jp/chart

ポンドは動き始めると急騰することから、まさにポンドエクスプレスですね!

[CyberAgentFX-ad_468.60]

川島寛貴|みんなの外為スタッフ

川島寛貴|みんなの外為スタッフ

みんなの株式の立ち上げ当初からプロデューサーとしてアライアンス業務を推進。みんなの外為、みんなの米国株、みんなのコモディティなど兄弟サイトの立ち上げも担当。通称「為替王子」