大型M&A報道をきっかけにポンド上昇

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/04/28

ユーロもつれ高

今日の東京時間午前に英FT紙が

「米医薬品大手ファイザー、早くて今週にも英医薬品大手のアストラゼネカ買収への関心を表明する可能性」

と報じていましたが、東京時間にはあまり注目されていませんでした。しかしロンドン時間にはいってこの報道が意識され、ポンド買いが強まりました。またこのポンド買いが影響してユーロも上昇しています。

ファイザーは、前にアストラゼネカに対して600億ポンド規模の買収案を提示してものの、拒否された、と報じられています。したがって、もし再度買収案を提示すいるのであれば、さらに金額を上乗せすると考えられ、10兆円を超す超大型の買収となります。

米国のファイザーが英国の会社を買収すると言っても、買収金額そのままの規模でポンド買いドル売りが市場で行われるのではありませんが、数10%の金額でも数兆円の資金フローになりますから、実際に取引きが成立すれば短期的にはポンドが上昇する、と考えられます。

<本記事ご協力>

チーフストラテジスト 高野やすのり様
■メッセージ等はこちら
>>高野やすのり様プロフィールページ

高野やすのり|FXプライムbyGMO

プライスはすべてを織込む!チャートで世界を見通せ 高野 やすのり

慶應義塾大学商学部卒 チェース・マンハッタン、スイス・ユニオン、ファースト・シカゴなどでインターバンクディーラー業務に従事。 株式会社FXプライムbyGMO チーフストラテジストとして、長年培ってきた経験を生かし、インターネット上のコンテンツや、ラジオ、セミナーを通じて正しいFXの知識や、FXの魅力を広める為の活動を行う。 NPO法人日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト