マーケット

雇用統計の前哨戦

【著者】

昨晩の概況

昨日は大きな材料もないなか、円売りも一服し、ドル高への調整が進む1日となりました。欧州時間に発表された欧州委員会の経済予測は下方修正となったものの相場の反応は限定的となっています。その後に、ロイターからECBのドラギ総裁の運営方法に関して各国中銀総裁からの不満が高まっているとの報道を受けて、ECBの追加緩和観測が後退するとユーロ買いが強まる場面がみられました。
米国の中間選挙に関しては相場の関心は中央銀行の動向へ向いているため、無関心の様子で結果が出ても影響は限定的と考えられます。

昨日のアジア時間に発表されたRBA政策金利は市場予想通り据え置き、声明ではドル高の影響で豪ドルが下落していることは認めた上で依然として高いとされました。豪ドルが下落していることを認めたことが意識されてか市場は豪ドル買いで反応となりました。
米国株式市場、債券利回りも調整が入り、上値の重い動きとなっています。

スクリーンショット-2014-11-05-10.22.12

【主要通貨ペアの推移】

ドル円は調整売りが進み113円前半まで押し込まれるもののなんとか113円台を維持となっています。昨日から本日のアジア序盤にかけて113.20-113.80付近でのレンジ推移が続いていることから、このレンジのどちらに抜けていくかを見守りたいところです。買いポジションが溜まっているとはいえ、買い遅れた参加者も低いところでは入ってくるため、動きにくい展開は続くかもしれません。また、雇用統計を控えていることも動きにくさを後押しすると考えられます。

スクリーンショット-2014-11-05-9.46.58

ユーロドルはロンドンFIXにかけアジア時間以降のレジスタンスであった1.253を上抜け急伸となり、1.258に迫るところまで上値を伸ばす動きとなりました。ECBの追加緩和観測の後退が主因と考えられますが、売りポジションが相当数溜まっていたことも上昇を加速させる要因の一つと考えらえれます。今後も引き続き売りポジションが溜まっている状況は続くと考えられることから、上昇局面で節目を抜けた際には注意が必要です。直近では昨日の高値である1.258、節目である1.26を少し上抜けたところなどではストップ買いも出ることが想定されることから短期的には注意したいポイントです。

スクリーンショット-2014-11-05-9.59.31

ユーロ円は続伸、調整地合いの強いクロス円の中でも堅調な推移となっています。今年のゴールデンウィークの付近での高値を上抜けてきたことから、3月から4月にかけての上値を抑えた143円台中盤が次のターゲットとして意識されると考えられます。ただし、短期的には頑張りすぎている感もあるため調整には注意したいところです。

スクリーンショット-2014-11-05-9.47.13

ポンドドルは方向感を失った状態が続いています。1.5875-1.622のレンジでの推移が続いていることからこのレンジをどちらに抜けていくかに注目したいところです。近いところでは先週中盤から上値を抑えている1.604付近を上抜けることができるかどうか、サポートとなっている1.5925付近を守ることができるかで短期的な方向感を探っていきたいところです。

スクリーンショット-2014-11-05-9.59.59

豪ドルも0.864-0.89のレンジ内での推移となっています。方向感は依然として薄く、日足チャートでは力を貯めている状況と考えられどちらに抜けるかを引き続き見守りたいところです。

スクリーンショット-2014-11-05-10.00.19

【本日の注目材料】

本日は欧州時間に欧州各国のサービス業PMIの確報値、米国時間には金曜日の雇用統計の前哨戦となるADP雇用統計、ISM非製造業景況指数の発表が予定されています。欧州のサービス業PMIは英国のものが製造業に続き強い結果となるとポンドの巻き返しのきっかけの一つとなるかもしれません。
米国時間のISM非製造業景況指数は内訳の雇用の指数にも注目したいところです。ADPが強めな結果となり、製造業に続き非製造業も強い結果となると雇用統計への期待が高まり、再びドルが買われる動きとなることが予想されますが、利食い売りにも注意したいところでもあり、神経質な展開となる可能性もあり、値動きをしっかりと確認したいところです。

【本日の予定】

10:45 中国10月HSBCサービス業PMI
11:30 黒田日銀総裁講演
17:50 仏10月サービス業PMI(確報値)
17:55 独10月サービス業PMI(確報値)
18:00 ユーロ圏10月総合・サービス業PMI(確報値)
18:30 英10月サービス業PMI
19:00 ユーロ圏9月小売売上高
21:00 米MBA住宅ローン申請指数
22:15 米10月ADP全国雇用者数
23:15 コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁(投票権あり)講演
23:30 ラッカー米リッチモンド米連銀総裁(投票権なし)講演
23:45 米10月マークイット総合・サービス業PMI(確報値)
翌0:00 米10月ISM非製造業景況指数
翌0:00 ローゼングレン米ボストン連銀総裁(投票権なし)講演
翌0:30 米週間原油在庫

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト