12月利上げの準備は整った

【著者】

先週金曜日に発表された米国雇用統計は、非農業部門雇用者数が予想20万人に対して21.1万人。失業率が前回と変わらずの5.0%でした。

加えて、9、10月分が3.5万人情報修正されたことから実質ポジティブサプライズに。

これで12月の利上げはほぼ決定的となったといって良いでしょう。

ドル円は発表後40銭ほどしか上昇せずに、直ぐに反落。行って来い相場となったものの、後場にかけては発表前の水準を切り上げしっかりとした引けとなりました。

株価も直後は売り込まれたものの、NYダウは300ドル以上上昇。本日の日経平均株価もつれ高になり、心配されていた新興国市場は売り込まれていません。

つまり、利上げでも株価が下落しないことが保証されたわけです。
秋以降の米国の雇用が冴えなかったことから、利上げどころか米国への不安感が台頭し株価は下落していました。しかし、ここ2カ月間の雇用の好転を見てようやく安心して買えるようになったというところでしょう。

もう利上げを怖がることはありません。

『噂で買って事実で売る』という相場格言の通り、米ドルも株もFOMCが開催される来週まで買っていって良いでしょう。

目先のドル円ですが、11月9日、19日、12月3日でトリプルトップをつけている123.70-75円を突破できるかどうかがポイントとなります。

ドル円

マーケットが利上げをほぼ織り込んでくるのであれば今日、明日で抜いてこないと来週も上昇しない可能性が濃厚でしょう。雇用統計の発表後はこれまでのドル買いがひたすら利食われたと考えられますので、ここからはまた新規のドル買いが入ってきていることでしょう。

これは米国株の上昇があったからに他ならないでしょう。
現在、雇用統計の発表からほぼ世界一周していますが、株価は堅調となっております。

となると、本日の米国市場でドル円は123.70‐75円をトライし突破してくることが濃厚となります。

そして、次のターゲットは黒田ライン(125円)の手前である124.50円となるでしょう。これまで約1円のレンジ相場だったことからも、多くの市場参加者が狙いやすい価格となります。

欧州市場が開始されてから、米ドル独歩高となっていることから、選択する通貨ペアは素直に米ドル円で良いでしょう。

利上げを恐れる必要はもうありません。

16日に迫るFOMCまでのボーナス相場を楽しんでいきましょう!

【合わせて読みたい記事】
個人投資家の注文状況をトレードに生かそう!
FXのオプション情報を利用する方法
川島寛貴|みんなの外為スタッフ

初心者目線を忘れない「サラリーマントレーダー」 川島寛貴|みんなの外為スタッフ

みんなの株式の立ち上げ当初からプロデューサーとしてアライアンス業務を推進。みんなの外為、みんなの米国株、みんなのコモディティなど兄弟サイトの立ち上げも担当。通称「為替王子」