予想・見通し

黒田総裁の会見も新鮮味なければ円買いの影響も

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/05/21

昨晩の概況

おはようございます。まだ雨脚が強いですね。今朝の散歩は私も、もちろんリリーもびしょびしょになりましたが、雨でもめげないわんこだから本人はいたって満足気です。
全身タオルで拭かれるのもタオルが好きだから嫌がらず却って遊んでもらっている感覚でしょうか?飼い主だけが大変な思い・・・。

さて上値が重たい展開だったドル円でしたが、午後6時前の下げは101.25まで。その後NY参入時には101.45まで戻した後米株式の利食い売り・米債券の利回り低下を背景に101.22へ下落。戻り101.37レベルで止められて午前2時過ぎには101.19まで下落しましたが、101.10台まで下がったのが、この時の1ステージだけ。その後ゆっくりと101.30台まで戻して101.32でクローズ。戻りは重たいものの、5月19日に101.10を4回も攻めて失敗した余波がまだ残っているような感じです。ある意味拍子抜けでした。東京時間の139.32高値から激しい下落となったユーロ円でしたが、午後6時前に付けた138.55が安値。
午後9時過ぎに138.99まで戻した後、再度ユーロ円の戻り売りで午前2時過ぎにドル円が安値を付けたタイミングで138.55安値。午後6時前の安値と面合わせししましたが、安値は更新できず。引けにかけて138.85まで戻して引けています。同じ時間帯のユーロドルの値動きを見ると1.3706から1.3688と値動きはわずかですが下げており、ドル円・ユーロドルの下落が多分ユーロ円の売りによって引き起こされたものではないかと推察します。
138.55でぴったりと止まって戻してしまったユーロ円の動きからドル円も戻してしまった感じでした。

プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁の
「出来る限り早い時期に利上げが必要となる可能性」
はあまり影響を与えなかった模様。
日銀の金融政策決定会合では現状維持で何も新しいものは出ないと思われ、また黒田総裁の記者会見も新鮮味がなければ円売りの巻き戻しとしての円買いの影響があるように思います。
2.50%まで低下し2.511%で引けている米10年債の動きもドル円の上値を重たくしそうです。確かに101.10は底固いですが、まだレンジと市場が気を抜いた時に一気に101.00割れへ突き進むようなイメージです。どうしても戻り売りでドル円を見る為、クロス円が弱そうに見えています。特にオセアニア通貨が昨日の昼から大きく崩れており更に下げ幅が広がる可能性もあるため、注意が必要です。
本日もよろしくお願い申し上げます。101.38-45ゾーンもなかなか売れないかな?ストップを101.60越えに置き付いたらもう一回売り直す方針。

ドル円・ユーロドル・クロス円は、本日も売り先行で

<ドル円 売り>
ドル円は101.380、101.450で売りから。
ストップは101.600に置きながら、もし付いたら上で売り直す方針。利食いは101.150をイメージしますが、101.200がなかなか割れないと判断したら一旦ショートは撤収し、再度売るタイミングを待ちたい。
レンジ (101.050)101.150–(101.400)101.500 
作成時 101.297-301 9:33AM

<ユーロドル 売り>
ユーロドルは1.37300、1.37400で売りから参入する方針。
ストップは1.37700に置きながら、1.36800、割れて1.36650で利食いするような売り先行の回転をイメージします。
レンジ 1.36650(1.36800)–(1.37300)1.37500 
作成時 1.37063-070 9:41AM

<ユーロ円 売り>
ユーロ円は138.950、139.050で売りから。ストップは139.350に置きながら、138.550、割れて138.300で利食いするような回転を考えています。
レンジ 138.300(138.550)–(138.950)139.150 
作成時 138.798-807 10:01AM

<ポンド 売り>
ポンド円は170.800、170.950で売りから。ストップは171.100に置きながら、170.250、170.150でショートは買い戻しする回転をイメージしました。
レンジ 170.150(170.250)–(170.800)170.950 
作成時 170.505-519 10:25AM

対ドルは1.68550、1.68650で売りから。ストップは1.68800に置きながら、1.67950、1.67850で買い戻しを図るような回転をイメージしました。
レンジ 1.67850(1.67950)–(1.68550)1.68700 
作成時 1.67321-334 10:05AM

<豪ドル 売り>
豪ドル円は93.800、93.900で売りから参入する方針。94.150にストップを置きながら、93.200、93.100で利食いする回転を考えました。
レンジ 93.100(93.200)–(93.800)93.950 
作成時 93.494-506 10:32AM

対ドルはAUDがジリ安。AAA格下げの可能性を示した記事、更にデベルRBA総裁補佐が「資産流入が減少で豪ドル相場は下落も」と昨日昼に発言してから下落が続いている。
0.92600、0.92750で売りから。ストップは0.92950に置きながら、0.92150、0.92000で買い戻しをかけるような回転をイメージしました。
レンジ 0.92000(0.92150)–(0.92600)0.92750 
作成時 0.92336-349 10:12AM

<ニュージードル 売り>
ニュージー円は86.950、87.050で売りから。ストップは87.350に置きながら、86.350、86.200で買い戻しを図るような回転をイメージしました。
レンジ 86.200(86.350)–86.950(87.050) 
作成時 86.645-662 10:40AM

対ドルは0.85850、0.85950で売りから参入する方針。ストップは0.86100に置きながら、0.85250以下、0.85150で利食い・買い戻しを行うような回転をイメージしています。
レンジ 0.85150(0.85250)–(0.85850)0.85950 
作成時 0.85594-612 10:15AM

新規口座開設はこちら
小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役