マーケット

利上げ意識されドル高

【著者】

昨日はアジア時間に日銀の金融政策決定会合の結果発表が行われ変更は無かったものの、木内委員から新たな提案が示されたことが若干のサプライズとなりました。しかし、市場の反応は若干の円買いが進む程度で限定的なものにとどまりました。その後の黒田総裁の記者会見も追加緩和の手掛かりはつかめず、市場へのインパクトはありませんでした。

欧州時間にはロイヤル・ダッチ・シェルが英国のBGグループを買収との報道にも押されたポンドが底堅さが目立つ展開となりました。ポンドドルは一時1.5に迫るところまでの上昇となりました。

NY時間はダドリーNY連銀総裁の講演にて6月利上げの可能性も残っていることが確認されたことやFOMC議事録にて年内の利上げ賛成が大半を占めていたことなどが意識されドル買いが強まりました。弱い雇用統計を受けて後退していた利上げへの意識を呼び戻されたといったところでしょうか。米国株式市場は一時的に下落が強まる場面もみられましたが、底堅さを維持し、米国債利回りは上昇となりドル高をサポートする動きとなりました。

スクリーンショット-2015-04-09-8.58.07

【主要通貨の推移】

ドル円はアジア時間に120円台を割り込む動きとなり伸び悩む動きとなったものの、NY時間に入るとダドリーNY連銀総裁の講演やFOMC議事録の結果を受けて120円台を回復する動きとなりました。長い下ヒゲを残しての推移となったことから本日は比較的底堅い推移が予想されますが、まずは一昨日のレジスタンスとなった120.45付近を上抜けることができるかどうかに注目したいところです。

ドル円

ユーロドルは軟調な推移が続いています。日足チャートでは1.071付近をネックラインとしたダブルトップを形成しつつあることから割り込んだところでは下落圧力が強まる可能性があるため注意が必要です。

ユーロドル

ユーロ円は130.00を割り込み上値の重い推移が続いています。昨日から129.40がサポートとして踏ん張っていることから本日はこの水準を割り込むことができるかどうか、上方向は130円台を回復できるかどうかで方向感を探っていきたいところです。4月1日のサポートとなった128.40付近を割り込むとダブルトップのネックライン割れとなり下落が加速する可能性もあるため注意が必要です。

ユーロ円

ポンドは欧州時間序盤に報道されたシェルによるBGグループの買収報道を受けて堅調な推移となり1.5に接近する動きとなりましたが、NY時間に入るとドル買いの流れに押され失速し1.49を割り込むところまで押し込まれる動きとなり、上昇分の大半を吐き出してしまう動きとなりました。日足チャートでは長い上ヒゲを残しての推移となり上値の重さを意識させられる形となっています。一昨日のサポートとなった1.48付近を割り込むような動きとなると下落がさらに加速する可能性もあるため下落が続いた際は警戒が必要です。

ポンドドル

豪ドルはアジア時間から欧州時間序盤にかけては堅調な動きとなったものの、その後はドル買い戻しが進んだこともあり上値の重い推移となっています。上昇が続いたものの2日連続で上ヒゲを残しての推移となっているため、上昇に転じつつあるものの上値の重さも意識される状態と考えられます。昨日は0.77台を回復する動きとなったものの、長続きせず本日には0.77台を割り込んでの推移となっていることから本日はしっかりと0.77台を回復できるかどうか、一昨日のサポートとなった0.763付近を守れるかどうかで方向感を探っていきたいところです。

豪ドル

【本日の注目材料】

本日は欧州時間にドイツの鉱工業生産の発表が予定されています。昨日の製造業受注に続き弱い結果となってしまうとここのところ強まってきた欧州の景況感の改善期待に水を差す状態となるかもしれません。英国ではBOEの金融政策の発表、貿易収支などの発表が予定されています。金融政策は変更なしが濃厚で相場への影響は限定的になると考えられます。

米国時間は新規失業保険申請件数が予定されています。引き続き安定した推移となると、昨日のダドリーNY連銀総裁のコメントやFOMC議事録と併せ利上げへの意識が強まりドル買いが強まると考えられます。
また、利上げが意識されたり、米国の決算発表でドル高の影響などから弱い結果が出るなどで株式市場の下落するような展開となる場合はリスクオフ地合いが強まる可能性もあるため警戒が必要です。

【本日の予定】

08:50 日対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)
12:45 日30年国債入札
14:00 4月日銀金融経済月報公表
15:00 独2月鉱工業生産
17:30 英2月貿易収支
20:00 イングランド銀行金融政策委員会(MPC)金融政策発表
21:30 米新規失業保険申請件数
21:30 加2月建設許可件数
21:30 加2月新築住宅価格指数
23:00 米2月卸売在庫・卸売売上高
翌2:00 米30年債入札

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト