マーケット

RBA政策金利、ISM製造業景況指数

【著者】

昨日からの流れ

昨日は今週中盤以降に大きなイベントを控えていたこともあり、様子見モードの強い中で、米国の利上げが意識され、また、ECBの追加緩和が意識され、欧州時間はドルが底堅く、ユーロや円の上値の重い状況が続きましたが、その後は米国時間に発表されたシカゴPMIや中古住宅販売保留件数が市場予想を下回ったこともあり、ドルは伸び悩む動きとなりました。米国の利上げが意識されたことで新興国通貨の上値も重い状態となり、南アフリカランドは対ドルで新安値を更新する動きとなっています。

主要通貨ペアの推移(2015/12/1)

USDJPY

ドル円は欧州時間に上値を伸ばし、123円台に乗せ、その後もしっかりと123.00がサポートとなり、123円台を維持する動きとなっています。本日はこの123円台を引き続き維持できるかどうかに注目です。上値の目処としては11月19日の高値である123.76付近が挙げられ、うわ抜けると上昇基調が強まりそうな気配がしています。本日は24:00に予定されている米国ISM製造業景況指数には少し注意が必要です。50を割り込んでしまうような結果となると短期的にショックが大きくなる可能性があるため注意が必要です。

ドル円

EURUSD

ユーロドルは上値の重い推移が続き、ジリジリと下値を掘り下げる動きが続いています。引き続き上値の重い状況が続くことが想定されますが、売りポジションが溜まっているため、イベント前のポジション調整による買い戻しによる短期的な反発にも注意したいところです。
本日はまず昨日のサポートとなった1.0557付近を守れるかどうか、割り込んだ場合は4月13日の安値である1.052や節目の1.05、3月13日のサポートとなった1.0462などが意識されると考えられます。

ユーロドル

EURJPY

ユーロ円は底堅い動きが続き、130円台に乗せる動きとなりましたが、昨日は130.30付近がレジスタンスとなり伸び悩む動きとなっています。昨日、数回上値を抑えた130.30付近を突破することができればさらに上昇基調が強まりそうな気配がしています。日足チャートを見ても十字線が出現し、反発に転じそうな形となっており、短期的には反発の気配が高まっていると考えられます。

ユーロ円

GBPUSD

ポンドドルは上値の重い推移となり、1.5を一瞬割り込む推移となりましたが、その後は反発に転じ、底堅い動きとなりました。その後1.507付近がレジスタンスとなり、伸び悩む推移となっており、本日は昨日のサポートとなった1.5を再度試すのか、それとも昨日のレジスタンスとなった1.507を突破することができるかどうかで方向感を探っていきたいところです。

ポンドドル

AUDUSD

豪ドルは底堅い推移が続き0.72台中盤まで上昇する動きとなりました。その後は上昇が一服する動きとなったものの、しっかりと0.72台を維持する動きとなっています。本日はアジア時間にRBA政策金利の発表や中国のPMIなどの重要経済指標が続き不安定な推移となることが予想されるため、注意が必要です。

豪ドル

本日の注目材料

本日はアジア時間に豪RBA政策金利、経常収支、住宅建設許可件数に加え、中国のPMIの発表が予定されており、豪ドルを中心に一喜一憂相場となりそうです。RBA政策金利は据え置きとの予想が中心となっており、声明文に追加利下げの可能性を印象付ける文言が含まれるかどうか、豪ドルの水準への言及があるかどうかに注目が集まります。

欧州時間はドイツの雇用統計に加え、ユーロ圏の製造業PMIの確報値が予定されています。市場の関心はECBの追加緩和へ向いているため、これらの指標への反応は限定的なものになると考えられます。英国発の材料では英国の製造業PMI、カーニー総裁の会見が予定されています。製造業PMIは前回回復しており、今回も好調を維持できるかどうかに注目が集まります。

米国時間はISM製造業景況指数に注目です。前回はなんとか50割れは回避したものの、昨日の冴えないシカゴPMIの結果を見ると、引き続き好不況の分かれ目となる50を割り込む可能性は残ると考えられ、割り込んでしまうとそれなりにショックは大きいと考えられます。

本日の予定

08:50 日79月期法人企業統計・設備投資
09:30 豪79月期経常収支・10月住宅建設許可 
10:00 中国11月製造業PMI・非製造業PMI
10:45 中国11月財新・製造業PMI・サービス業PMI
12:30 豪準備銀行(RBA)政策金利発表 
15:45 スイス79月期GDP
17:50 仏11月製造業PMI(確報値)
17:55 独11月製造業PMI(確報値)
17:55 独11月雇用統計
18:00 ユーロ圏11月製造業PMI(確報値)
18:00 カーニーBOE総裁会見
18:30 英11月製造業PMI
19:00 ユーロ圏10月失業率 
19:00 伊79月期GDP(確報値)
22:30 加9月GDP 
23:45 米11月マークイット製造業PMI(確報値)
翌0:00 米10月建設支出 
翌0:00 米11月ISM製造業景況指数 
翌2:45 エバンス米シカゴ連銀総裁(投票権あり)講演

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト