マーケット

RBNZは政策金利を据え置く?!

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/07/23

昨晩、知人のマーケット関係者から一本の電話が。
「RBNZが政策金利を年内据え置くとの観測が広がってる?」との内容。
確かにここに来て、NZの乳製品価格が大幅下落していること、さらには、先週発表された消費者物価指数が市場予想を下回るなど、NZにとってアゲンストの風が吹いています。

<資料1>乳製品価格の推移
Dairy price
出所:global dairy trade

明日の政策会合で0.25%の追加利上げを実施、その後は、経済指標結果を睨みながら政策金利を据え置くのではないかと言うことは十分に考えられます。

ただ、私は今回の政策金利の引き上げは、住宅価格による部分が大きいと以前から見ており、年内の政策金利据え置きには懐疑的です。下記チャートはQV住宅価格指数(前年比)の推移を表したものですが、ピークから下がりつつあるとはいえ、依然8%の高水準。この数値が意味するのは、住宅バブルが起こっているということであり、このバブルを押さえるにはやはり政策金利の引き上げが必要だと考えます。

<資料2>QV住宅価格指数(前年比)の推移
Dairy-price-2
出所:Bloomberg 単位:%

RBNZは以前、年末までの政策金利4.0%の可能性について言及していました。同じオセアニア地域でもRBNZの方がRBAに比し、市場との対話がしっかりしており、明日の政策会合で利上げ、その後年内据え置きとなることは無いのでは?と言うのが私のシナリオです。

7/26(土)沖縄FX入門セミナー
http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2249

8/2(土)全国セミナープロジェクト札幌セミナー(基礎編)
http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2251

8/3(日)全国セミナープロジェクト札幌セミナー(実践編)
http://www.m2j.co.jp/seminar/seminardetail.php?semi_seq=2252

※当社の開催するセミナーには外国為替証拠金取引『M2JFX』の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。

bn_350_80
比嘉 洋|マネースクウェアジャパン シニアコンサルタント

比嘉 洋

米金利の裁定取引に長く従事。 相場の読みには定評があり、人気ストラテジストとして活躍中!