【日銀が金融緩和を発表‼】黒田総裁の発言まとめ

日銀が金融緩和を発表

2014年10月31日午後13時30分頃、日本銀行による金融緩和が発表されました。
その内容は以下になります。

1.マネタリーベースを年間80兆に相当するペースで増加させる
※約10兆~20兆追加
2.長期国債を保有残高が年間約80兆に相当するペースで買い入れを行う
※従来よりも約30兆追加
3.ETF、REITの買い入れを従来の3倍増させる。
 更に新規で日経400連動の買い入れを行う

年間の買い入れ額は3兆円。
追加緩和への賛成は5、反対は4で決定しました。

黒田総裁の記者会見のUstreamのライブは以下



Broadcast live streaming video on Ustream

日銀の金融政策発表後の黒田総裁の発言

以下に、日銀の黒田総裁の発言をまとめます。

・追加緩和、2%の物価目標の早期実現を確かなものにするため
・景気、基調的には穏やかな回復が続いている
・量的・質的緩和は所期の効果を発揮している
・量的質的緩和はデフレ心理払拭し、予想インフレ上げる狙い
・今はまさに正念場にある
・必要なら躊躇なく政策を調整する姿勢に変化ない

日銀の展望レポート

「リスクは上下にバランスしている」
「見通し期間中頃に物価2%に達する可能性高いとの見通しは維持」
「物価、本年度後半から再び上昇に転じるとの見通しを取り下げ」
「物価は当面現状程度のプラス幅で推移し、次第に上昇率高める」
「物価は下振れリスクが大きい」
「2%の物価目標の安定維持に必要な時期まで量的・質的緩和継続」
「経済・物価情勢の上下双方のリスク点検し、必要な調整実施する」

2014年度 消費者物価指数CPI)コア+1.2%
2015年度 消費者物価指数(CPI)コア+1.7%

児山将|みんなの外為スタッフ

児山将

みんなの外為で記事を書いています。 大学生の時からFXを初めて6年以上。FXの楽しさを伝える為に、みんなの外為を盛り上げていきます。初心者の方でも分かり易く学べるように、難しい専門用語やマーケットの説明、FX業界について記事にしていきます。 みんためのTwitterでもつぶやき中!