報復制裁のニュースでリスクオフへ

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/08/06

おはようございます。朝から今朝も暑い!わんこの散歩中、南北の道路は日陰になっていいのですが、東西の道路は照りつける太陽で6時前でも相当熱くなっています。出来れば家を出てから南北の道を行ったり来たりして済ませてくれたらとっても嬉しいんですが。あとは少しは涼を取りたいと庭に水をまいてみましたが、ホースの先端に残っていた水は既にお湯になってました!

さて、このところウクライナ関連のニュースは落ち着いてきていたのですが、0:47プーチンの報復制裁のニュース、ならびに04:33のポーランドのシコルスキ外相【正直しこる(=含み損)のは好きじゃない!?】のロシアがウクライナへの圧力行使もしくは侵攻に備え、ウクライナ国境沿いに軍部隊を集結させたことを明らかにしたとのニュースもあり俄かにリスクオフが広がった模様。ただし米10年債の利回りの動きを見ると、東京時間0:33AMに2.525%レベルの高値をつけていましたが、3:07AMには2.473% まで下がっており、ポーランド外相の発言で米債が大きく買われた(利回り低下)わけではなかったと思います。プーチンの発言はリスクオフの引き金になったと思いますが。

16470ドルの直近サポートを切ってNYダウが下落したのが2:40AMで、まさにドル円の102.70割れとタイミングが合っています。102.93まで買い上げていたドル円にとっては、このNYダウの急落も痛手で、アジア時間に売りあがったドルショートが102.70台から切れ始めて、102.80売ってもワークせず、102.93まで手繰られているドルショーターは「う~ん、市場が相当ショートに傾いたかな?103円台まで持ち上げられる可能性もあるな。」と判断した人も結構いたのでは。

ベアで売りあがって苦しんで、切った連中は心理的には高値から急落すればもう一回売れますが、高値圏で揉み合いながらゆっくりと下がる展開だとまた反発すると思って今度はロングを作ってしまうこともあり余計102.70割れのときにストップ的な売りが増えた可能性もあると感じました。安値は102.47まで下落し東京安値まであと1銭まで迫りました。
この「行って来い」はなかなか取れないでしょう。

1.3380が切れたユーロドルはそのまま1.3358へ。これはプーチンの話の前に既に安値をつけています。午前0時を回ってからのドル円の下落で、ユーロ円は137.60手前から137.07まで下落、総じてクロス円は午前0時以降の動きはドル円に引っ張られて円高に振れています。
ダウは-139.81で引けており、今日の日経平均が追随するのか、わけ判らん買いが日経平均を支えてしまうか注目です。

タス通信によると、ロシアのプーチン大統領は「西側諸国によるロシアへの制裁に対して、報復措置を用意している」と述べた。by klug ニュース。0:08AMに出ていますので、まさにこれで米債がリスク回避で買われて利回りが急低下したんですね。プーチンの指示した時間はfx waveが書いた0:47AMより少なくとも40分ぐらい早いです。

Russia’s Putin tells Government to prepare retaliatory measures against latest western sanctions-Tass news agency とロイターに出ていたのは 0:02:11でした!

ドル円・ユーロドル・クロス円全て売りから

<ドル円 売り>
ドル円は102.650、102.750で売りから参入してみる。102.50が割れてきたら102.40-30ゾーンまで突っ込むかもしれません。市場では短期のロングが出来ている気もします。ストップは102.960に置きながら、102.400割れで利食いを目指します。
レンジ 102.300(102.400)–102.700(102.800) 
作成時 102.562-566 9:37AM

<ユーロドル 売り>
ユーロドルは1.33830、1.33950で売りから。ストップは1.34100に置きながら、利食いは1.33550で。1.33500のバリアがつぶれたら1.33350までは比較的早く下がるか?
レンジ (1.33350)1.33500–(1.33850)1.33950 
作成時 1.33684-691 9:46AM

<ユーロ円 売り>
ユーロ円は137.310、137.400で売りから。ストップは137.600に置きながら、136.850、136.750で利食い・買い戻しをイメージします。
レンジ 136.750(136.850)–(137.300)137.400 
作成時 137.135-149 10:01AM

<ポンド 売り>
ポンド円は173.300、173.400で売りから。ストップは173.580に置きながら、172.750、172.600で買い戻しをイメージします。
レンジ 172.600(172.750)–(173.300)173.400 
作成時 173.058-072 10:48AM

対ドルは1.68550、1.68450で買いから。ストップは1.68250に置きながら、1.68900、1.69000で利食いをイメージしました。
レンジ 1.68350(1.68500)–(1.68900)1.69000 
作成時 1.68750-763 10:13AM

<豪ドル 売り>
豪ドル円は95.550、95.650で売りから。ストップは95.850に置きながら、95.300以下、95.150にかけて利食い場を探す方針。
レンジ 95.150(95.300)–(95.550)95.650 
作成時 95.377-386 10:56AM

対ドルは0.93150、0.93250で売りから。ストップは0.93450に置きながら、0.92700、0.92500で利食いをイメージします。
レンジ 0.92500(0.92700)–(0.93150)0.93250 
作成時 0.92968-980 10:15AM

<ニュージードル 売り>
ニュージー円は 86.700、86.800で売りから。ストップは87.000に置きながら、86.200、86.100で買い戻しをかけるイメージです。
レンジ 86.100(86.200)–(86.700)86.850 
作成時 86.426-441 11:03AM

対ドルは0.84550、0.84650で売りから。ストップは0.84850に置きながら、0.84000、0.83800で利食いするようなショート回転をイメージしました。
レンジ 0.83800(0.84000)–(0.84550)0.84650 
作成時 0.84290-307 10:20AM

新規口座開設はこちら
デモトレ大会6回戦

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

相場は知的格闘技!元気に相場と戦いましょう! 小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役