FXコラム

ひろぴーに学ぶ!サラリーマンにおすすめのトレードスタイル【第2話】

【著者】

【第1話】ひろぴーに学ぶ!サラリーマンにおすすめのトレードスタイル

さて、今回は時間が空いてしまいましたが、2話目の記事になります。

サラリーマン・OL向きのトレードスタイルのお話です。

デイトレやスキャルピングは、日中に比較的レートを見ていられる自営業の方や主婦向けです。

例えば、いきなり夫が会社をやめていきなりデイトレーダーになる!なんて
いってきたらどうでしょう。なかなか非現実的ですよね。約束された収入がぱったり途絶えるなんていうものは、パートナーからしたら無茶な話です。
当の本人も独立してからは、尋常じゃないプレッシャーでしょう。

男としては、さすがにそこまで危ない橋は渡れません。

デイトレ一本で稼ぐとなると、一人暮らしで1~2年気合いを入れて修行する覚悟でトレードを学ばないといけないぐらいだと思います。

っとのことで、まじめにFX、資産運用をする意味でゆったり投資はできないかと考えました。

そして、4時間足くらいの時間軸ならば余裕があるかな?日足だと少し物足りないかな~?そんな探りから始まりました。

4時間足でたくさんの通貨ペアを

どうせ負けるなら、長い時間軸でゆっくりやってみよう、1000通貨でリミット100pips、損切り60pipsなどと設定してやった覚えがあります。

でも意外と100pipsくらいは一日で動いてしまうのですよね。

100pipsも損益を狙えば、スプレッドなんて安いものです。3pipsの通貨ペアでも、ドル円の10pipsトレードに0.3pipsのスプレッド分とコスト比率が同じですからね。

この発想に基づきました。

そしてドル円やユーロドルだけでなく、ユーロ豪ドルやポンド豪ドル、豪ドルスイス、ドルカナダ、などなど、スプレッドが1.5~5pipsのものはたくさん取り入れて、チャートだけをみて1000通貨でたくさん取引をしました。

こうなると、デイトレ時代以上にエントリーチャンスが次から次へとやってくることに気づきました。

これでチャンスに飢えることはないかも!

エントリーチャンスが10回あれば、実施できるのは5~6回程度です。4回ぐらいは見逃すものです。こう考えるようになったのも良かったと思います。

気づけば1トレード、100pips、200pips獲れるトレーダーに

順張りトレードって、相場の波さえ来ていれば、目をつむってトレードしても100pipsぐらいは簡単にとれるものです。

マイナー通貨ペアだろうが、大きなトレンドさえ出てしまえばテクニカルがおおよそ合っていれば利が乗るものです。

最初のころはエントリーしてリミットとストップを設定したら、そのポジションが消えてなくなるまで放置プレイ。

さっさと次の通貨ペアを探しにいっておりました。

これがかなり効率がよい。朝みて、昼みて、夕方みて、就寝前にみて、

4時間足ですから1~2本ずつしかローソク足を更新しません。

自分のライフスタイルにあっており、かなりゆったりトレードです。

今でも忘れもしませんが、2011年の11月にこのトレードスタイルで1か月700pips獲れて大喜びしたことを覚えております。

全ポジ、レバ1倍ですが、700pipsも獲得できますと、口座資金を7%も押し上げます。非常に気分が良い思いをして快感を覚えました。

レバ1倍から2倍に上げるだけで、次は口座資金が14%も増えるぞ!っと心躍らせたものです。

レバ1倍トレードは精神的にも非常に楽

1000通貨や2000通貨、3000通貨ですと非常に精神的にも楽です。

しかもリミットとストップ決めて放置して、他の新しいペアを探しに夢中なのでポジションが気になりません。

なるようになる程度に考えておくようになったのが、一番大きかったと思います。

通貨ペアもリスク分散しておりますから、平均値をとることができるのですね。これも非常にメンタルが安定しました。

よく、メンタルが弱いとか握力がないとか、ブツブツ言っている方がよくおりますが、ポジションのことを忘れて次の作業をしていれば気にならないものです。

メンタルは強くするものではありません。コントロールするものです。

メンタルが強くなったなんて確認する術もありませんし、全て自分です。

強化ではなく、コントロール力さえ身に着けてしまえば、うまく自分を操ることができます。

僕はたくさんのFXトレードバトルに参加して、口座資産、ポジションを公開してきました。これもある意味、自分のメンタルコントロール力が高いからだと考えております。

今まで10回ほど公開型の顔出しバトルに出ておりますが、10勝1敗ぐらいです。1敗は資金がマイナス1%です。

調子が悪いというか、相場が悪い期間もなんとかプラスで終わらせております。減らしさえしなければ、誰でも勝てる相場が来ることを知っているからです。

結論

まずは、自分のライフスタイルにFXトレードを当てはめること。

スイングトレードなら、4時間足以上のローソク足で大きく取ることを心掛けること。チャートは数時間おきに見る!

リミットとストップを入れたら放置し、次のチャンスがくる通貨ペアを探しにいくこと。

メンタルを強化ではなくて、メンタルコントロール力を身に着けること。

 

おそらくようやくこれでスタート地点です。
相場と対等に戦える環境が整ったと思われます。

サラリーマンの方は夜遅くまでレートを見ていて睡眠不足になるなど、自分の仕事に支障をきたしながらやっている人もかなり多いでしょう。

それでは100%負けます。「100%勝てる」、というのは相場ではありませんが、「100%負ける」は存在します(笑)

ぜひ、この4点を参考にトレードをしてみてくださいね!


ブログはコチラ↓↓ FXや株、CFDなどの相場感を毎日更新中~♪

ひろぴーの読むFX

ひろぴー

ひろぴー

一般サラリーマンとして働く傍ら、ライフスタイルに合わせた必要最小限の時間で資産を増やすことについて日夜研究考察を進め、トレード大会で優勝したり、メディア出演も多数あり、その実力は本物。 有名トレーダーの手法を取り入れ、自己流にアレンジするハイブリッド手法を得意とし、ファンダメンタルズもテクニカルも直感も全て磨きをかけているFXマン