FXコラム

第二チャイナショック!? 2016年1月相場をまとめてみた【第3回目】

【著者】

さあ、今回で第三回目になります。

チャイナショックと原油安についての記事です。

今回は、原油安の第二回目の続きとなります。
米国にとって原油安が好都合だったことについて、お話をしたいと思います。

【第1回】第二チャイナショック!?2016年1月相場の現状をまとめてみた
【第2回】第二チャイナショック!?2016年1月相場の現状をまとめてみた

米国にとって原油安が好都合だった理由

まず、比較的イージーに発想できるのが、ロシアのプーチン政権の抑え込みです。原油と天然ガスの暴落によって、プーチン政権維持はそう長くないでしょう。
なぜなら、ロシア経済の半分以上が、天然ガスや原油の輸出に頼っております。ここを潰されるとロシアはひとたまりもありません。
この価格帯(25-40ドル)があと1年も続けば、ロシアの財政は相当苦しくなります。

よって、経済状況が悪化=プーチン政権の支持率も下がってくると思われます。

もう一つは、ISの資金源も抑え込むことができることです。
ISは、世界中のテロ組織の中で最も裕福なテロ組織として存在しております。その資金源はというと、ずばり、原油の密売です。

中東地域で掘り出した原油を売って資金を確保しております。2年以上前の石油価格の高騰により、ISは資金を確保できており、武器購入など力を蓄えることができました。よって、原油価格を低迷させ、ISの油田採掘地帯を空爆で狙ったりすることで勢力を抑え込むことができます。
これも原油価格を低迷させることによって米国にプラスに働きます。

同じく、米国に反抗的なベネズエラ(原油埋蔵量1位の国)やシリア(アサド政権)も同時抑えられるわけです。

米国、欧州はなぜイランの和解を急いだか

ちょうど1月26日付のニュースにて、『イランの原油輸出再開で日本が輸入一番乗り』という報道がされました。次いで中国の予定だそうです。
やはりこのニュースでも確信を持てました。アメリカの思惑通りでしょう。

以前、欧州の消費する天然ガスの30%以上はロシアからの供給に頼っておりました。しかも、ウクライナ経由のパイプラインを通してです。
ロシアとウクライナの仲の悪さは皆さんもご存じのとおりで、2014年2月にロシア軍によるクリミア半島制圧で有名になりました。

この時、米国はロシアに対して制裁措置を行いましたが、ロシアも天然ガスの供給をストップするという経済制裁措置を行いました。ウクライナとの経済国交断絶を意味するのは、間接的に欧州経済と国交断絶を意味します。ウクライナへのパイプラインの栓を閉めれば、必然的に欧州への供給もストップします。

1年前これにて懲りた欧州経済は、イランに目を向けました。イランは天然ガスの埋蔵量が世界一です。そして原油も産出します。
しかし、イランのパイプラインはトルコまでしか伸びておりません。欧州は今後のことを考え、ロシアへの天然資源依存脱却のために、イランとも手を結んでおく必要がありました。

米国は米国で、イランの制裁解除=原油の輸出=日本が購入(笑)=原油価格のさらなる抑え込みができる、と計画していたのでしょう。
日本にとっても、原油価格下落はありがたい限りですしね。米国のイラン制裁解除は、これからの世界情勢を大きく揺らす決定打となったと思われます。

原油価格の今後の動向

opec
つい先日ゴールドマンサックスが、やはり原油のターゲットは40ドルだと手のひらを返すように変更を実施しました。(従来のターゲットは20ドル)
どこの投資銀行も20ドル割れをターゲットにしていたためか、20ドルをターゲットとの発表のわずか2週間後に40ドルへの変更を実施しました。
考えとしては悪くないと思うですが、少し気がかりです。何か裏でもあるでしょうか?

いずれにしても、米国の原油生産量のうち、すでに60%以上がシェールオイルだそうです。しかも、シェール生産の損益分岐点は現在20ドル前後となってきている模様です。
やはり、このあたりがターゲットではないでしょうか。ですので、トレーダーとしてはその手前、25ドル前後を狙いたいと個人的には思っております。そして今年に限っては、当面25ドル~40ドルのレンジを想定しております。30ドル後半に戻るタイミングがあれば、喜んで売りたいと思っております。

今年、来年の原油価格低迷が続き、常態化すれば、中東地域、ロシアは弱体化するでしょう。

その後に原油価格を吊り上げるとしたら・・・・。

妄想の範囲で恐縮なのですが、「米国がOPECに加入」との噂程度で一気に跳ね上がるのではないでしょうか。

まあ、そうなるのは恐らく、シェールオイルの輸出で市場のシェアをある程度奪ってから実行されるのだと思われます。

ブログはコチラ↓↓ FXや株、CFDなどの相場感を毎日更新中~♪
ひろぴーの読むFX

ひろぴー

ひろぴー

一般サラリーマンとして働く傍ら、ライフスタイルに合わせた必要最小限の時間で資産を増やすことについて日夜研究考察を進め、トレード大会で優勝したり、メディア出演も多数あり、その実力は本物。 有名トレーダーの手法を取り入れ、自己流にアレンジするハイブリッド手法を得意とし、ファンダメンタルズもテクニカルも直感も全て磨きをかけているFXマン