原油安ドル買いからドル売りへ

【著者】

原油価格はいよいよ50ドル割れ!

昨年12月は、原油価格の下落により企業業績が好転すると株式市場からも歓迎ムード。そして、原油は金のように資産価値がある為、金価格の下落=ドル買いが成立していたものの、ロシアを始めとする産油国の経済に影響が及び始め、それらの国の株式市場の下落が世界中の株式市場に影響を及ぼすこととなってきています。

原油価格

つまり、年が明けてから半年で半分の値段となった原油価格のあまりにも急激値動きが、悪い原油安となってきているということです。株式でも為替でも、あまりに値動きが急であるとディーラーも企業も値動きに対応できない為、良くない影響が出てきますが、それと同様のことが起きています。
少し前はドル円が上昇することは、行き過ぎた円高を是正するために「良い円安」だったものが、最近では「悪い円安」となっている昨今ですが、原油安も「悪い原油安」となってきているようです。

原油安は短期で終わる

しかしながら、原油価格の下落はいよいよ佳境に入ったのではないかと考えられます。というのは、まだ原油価格が80ドルあたりだった時から、シェールガス価格VS原油価格ということで、比較されていました。「産油国によるシェール潰し」とも揶揄されていますが、どこまで下落させれば良いかという目安の価格は、(諸説ありますが)原油の製造コストである40ドルといわれています。

いよいよ、あと10ドル以下となった訳ですから、ここから短期のヘッジファンドや投機筋などはラストスパートをかけて売り込んでくるのではと考えられます。そこが一旦の株式市場の下落が止まるポイントかと考えられますので、日経平均もNYダウもまだまだ下値余地はアリ、ドル円もそれに連動すると考えられます。

しかし、ここ数日の相場を見ていても、一方向に動くのではなく、大きく乱高下していることが挙げられます。総じて下方向に進んではいますが、日計りで取引をする場合でも、ある程度値幅が取れれば早めの利食いが鉄則のようです。

そして、昨晩118.20円に大きめの買いがあるという噂が流れており、割り込むと大幅な下落となると考えられていました。しかしながら、118円を割り込む手前で下落は止まり、その後1円以上も上昇するとこととなっています。そのことから、118.00円は1つの重要なポイントとなりそうです。ここを割り込めば、ロシアルーブルの急落時の2番底である116円台半ばまでの下落を覚悟しておいた方が良さそうです。

fx.minkabu.jp chart

口座を準備しよう!

FX取引をするにはまず取引を行うFX会社に口座を開設する必要があります。初心者としてはFX会社選びも一苦労ですよね。初心者におすすめの証券会社をピックアップしましたので、初心者に嬉しいポイントとともにいくつかご紹介します。

GMOクリック証券
初心者おすすめポイント
6年連続で世界取引高No.1を獲得の大手FX会社
人気の取引アプリはダウンロード数20万以上
FXの他に株式やCFDも取り扱っている
GMOクリック証券の詳細
SBIFXトレード
初心者おすすめポイント
最小取引単位が1通貨なので500円でも取引開始できる
米ドル/円の取引コスト(スプレッド)が0.27銭で業界最狭クラス
SBIホールディングスのグループ会社で安心と信頼
SBIFXトレードの詳細
外為どっとコム
初心者おすすめポイント
初心者向けWebセミナー『マネ育スクール』で基礎から学べる
ほとんどの通貨でスプレッド(取引コスト)が業界最狭クラス
サーバーが安定しており約定スピード最速0.009秒を実現!
外為どっとコムの詳細
川島寛貴|みんなの外為スタッフ

川島寛貴|みんなの外為スタッフ

みんなの株式の立ち上げ当初からプロデューサーとしてアライアンス業務を推進。みんなの外為、みんなの米国株、みんなのコモディティなど兄弟サイトの立ち上げも担当。通称「為替王子」