予想・見通し

「Sell in May」進行中?

【著者】

…………………………………………………………
FX始めるならFX会社ランキング
*みんなで作ったネット証券比較ランキング
…………………………FXならみんなの外為……
FXマーケット情報|2014/05/21

<今夜の注目経済指標>

3時00分発表
FOMC議事録公表」注目度★★★★
 前回10分間の変動幅 -8pips 前回最大変動幅 -29pips
個人投資家の予想は
73%が買い(円安)
27%が売り(円高)という結果になっています。

今夜の終値はどっち!?

先週火曜日から、ほぼ毎日平均レートが下がっていたドル円ですが、本日の黒田総裁会見時についに101円の壁をブレイク。
内容に反応したというよりも、101円前後のオーダーを狙って、機関投資家が大玉を振ってストップを付けにいったという見方が濃厚です。
雇用統計前など、場の薄い時の仕掛け的な動きの怖さを思い出す値動きとなりました。
101円を狙って数秒で急落し、あわよくば年初来安値の101.70円を狙ったけれども、ここで止まってしまった為に買戻しといったところでしょうか。
ざっと4回は下攻めしていますが、これまでの流れのようになかなか抜けずに、ショートカバーが入り101円台へ値を戻しています。

さて、NYタイムは黒田総裁の会見前の101.20-25円で売りが入るかどうか気になるところ。
ここでも頭を押さえられれば結局100円台へ戻されそうです。
しかしながら、昨晩1%近く下落したNYダウが続落しても、強力に14,000円よりへ戻ってくる日経平均先物が気になるところ。
もちろんGPIFが先物を買うということはないのですが、この土壇場での強さは裏で何か噂が出ているような気もします。
ナスダックは4,000ドルを12月以降レジスタンスとなっていますので、そろそろ気にしておきたいところまで下がってきています。
(20日終値4,096 -0.7%)
NYクローズが100円台か、101円台で引けられるかどうか。
2月3日は100.95円で引けていますが、この時は100円台の滞在時間は長くて1時間程度。
今回は4時間101円に戻らないままでしたから、前回よりも売り圧力の方が強そうです。
とはいえ、これまでどおり突っ込み売りをしてもなかなか走ることは想定せずに、丁寧に狙いたいところですね。

clicksec_468x60
川島寛貴|みんなの外為スタッフ

川島寛貴|みんなの外為スタッフ

みんなの株式の立ち上げ当初からプロデューサーとしてアライアンス業務を推進。みんなの外為、みんなの米国株、みんなのコモディティなど兄弟サイトの立ち上げも担当。通称「為替王子」