予想・見通し

「Sell in May」はもう来ない?

【著者】

…………………………………………………………
FX始めるならFX会社ランキング
*みんなで作ったネット証券比較ランキング
…………………………FXならみんなの外為……
FXマーケット情報|2014/5/23

<今夜の注目経済指標>

23時00分発表
「新築住宅販売」注目度★★★★
前回:38.4万件 予想:42.5万件 前回10分間の変動幅 -11pips 
個人投資家の予想は
76%が買い(円安)
24%が売り(円高)という結果になっています。

前回、45万件の予想に対して38.4万件となり驚くこととなりました。
40万件半ばで頭打ちとなっているようですが、景気の先行性が高いといわれる指標だけに出来高の細ってきたNYダウの価格変動にいつも以上に影響を与えそうです。

<今夜はどうなる!>ドル円102円目前!!

一部では5.23ショック再来か!?という噂もあったようですが、東京市場は無事通過。
5月高値は雇用統計後の高値となっており、今のところ以前記載した通りの値動きとなっております。
「Sell in May」はまだ?という売り好きの投資家の声もありますが、ドル、ユーロ、ポンド、豪ドルと主要通貨は5月前半に比べれば全て下落しています。
日経平均は本日の高値である14,528円が5月高値というなんとも安い値段ですが、やはり5月第一週に売っていれば利益となっている状態。
余談ですが、ドル円、日経平均共に昨年の5月23日とほとんどといってよいほど同じ値段となっています。
NYダウは1,000ドルほど上昇していますから、今年の日本市場の低迷ぶりがよりはっきりとしてしまいます。

さて、102円台目前に迫っているドル円ですが、「Sell in May」といわれる5月の最終週にどれだけ下落する可能性があるのか、2007年以降チェックしてみました。
値動きを確認したところ、なんと5月最終週に5月安値を更新した確率は7回中2回だけ。
残り5回は中4回は上昇しています。
しかしながら、安値を更新した年は2012年と、2013年。
こうなると週末にウクライナ、欧州議会選挙が行われることを含ませながら、「近年の5月最終週は暴落」などという見出しが出てきそうですね。
102円台には輸出企業の売りもかなりの額が並んでおり、102.00円と102.10円には本日のNYカットのオプションがあります。
23時の「新築住宅販売」がきっかけに102円トライとなるかどうか、このままの水準(102.90円)だと非常に楽しみなところです。

5月27日開催!!
『みんなの株式』&『クラウド証券』 コラボレーションセミナー!!

http://money.minkabu.jp/44962

[CyberAgentFX-ad_468.60]

川島寛貴|みんなの外為スタッフ

川島寛貴|みんなの外為スタッフ

みんなの株式の立ち上げ当初からプロデューサーとしてアライアンス業務を推進。みんなの外為、みんなの米国株、みんなのコモディティなど兄弟サイトの立ち上げも担当。通称「為替王子」