上海総合株価指数とドル円

20150929
データ:TradeNavigater

中国経済の失速を懸念した海外の株安というコメントを目にするが、上海総合株価指数は意外と底堅い。同時に、ドル円も120円を割っても119円を下に抜ける相場になっていない。
10月渡しになった為替相場は、日経が17000を割るようだと一気に円高に加速する可能性が高い。

しかし、中国は10月初めに連休入りするため、思っている以上に底堅く、仮に、日経が下げてもそれほど影響を受けないだろう。
中国の人民元切り下げが発端となった今回の株安だが、VWや米国の医療関連銘柄の下落など、テーマが変わっている。

ドル円は119円を割ることが難しく、結局、資金がアメリカへ戻ることになるだろう。

みんなの米国株
成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者