マーケット

上海株価指数、NY銅|9/10

【著者】

マーケット情報|2014/09/10

上海株価指数

中国の経済統計を巡り一喜一憂している市場が多いが、上海総合株価指数は静かに上げてきている。不動産企業に対する銀行間市場での資金調達規制の緩和観測から株価は上昇している。

sse
データ:ジェネシス社 上海総合株価指数、バリュエーションモデル

上海総合株価指数は金と比べて割高状態にあり、そろそろ、過熱感から調整売りが入ってもおかしくない。一部には買い疲れ感が漂っていると言うコメントも流れていた。しかし、これで、底は固まったと言える。次回の押しは拾って行くべきだろう。

NY銅

フィリピン下院の委員会が鉱石輸出規制法案を承認したことでNY非鉄市場は上昇していたが、輸出禁止は約7年間は実施されないと言うニュースが流れて銅を含む非鉄価格が下落。しかし、一番の要因はドル高。対日本円では6年ぶりの高値となった米ドルの上げ。

copper
データ:ジェネシス社 NY銅、豪ドル、ストキャスティックス

テクニカル分析から、一旦、ここで下げ止まる可能性は高いが、それでも、6月中旬につけた安値@302.65まで目立ったサポートもなく下降は継続する見込み。銅は豪ドルと深い相関性が、豪ドルはそれ程落ちていない。やはり、米ドル相場次第と言える。 多くのヘッジファンド運用者は90年代と違って、今は分散投資が極めて難しく、アメリカ市場から海外市場へその舞台を変えている。また、このコラムでも紹介しているスプレッド取引がかなり多くなっている。

みんなの米国株
成田博之 | SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者

成田 博之

ノースカロライナ大学ウィルミントン校卒業 シンガポールの銀行で約10年間、金融商品のディーリングをした後、日経 225先物・為替を中心に自己資本を運用するプライベート・トレーダーとしてオーストラリアに移住 ヘッジファンドの運用にも携わり、帰国後はFX業者でディーリング部長やコンサルティング業務に従事。 ウエストビレッジインベストメントに企画・開発部門担当として参加。SEAHAWK PTE LTD 最高経営責任者