休み明けはスロースタート?

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/04/22

昨日は欧州でイースター休暇が続く中、米国が休み明けで戻ってきたものの、動きの鈍さが残る市場となりました。
米国時間に発表となりました景気先行指数は市場予想を上回る改善となり、寒波からの回復を示唆するものとなりましたが、市場の反応は限定的なものにとどまっています。株式市場は上昇、米国10年債利回りは2.7%を挟んだ推移となりなんとか2.7%を守り切っています。為替市場はドルが若干の上昇にとどまっています。

0422ny

【主要通貨ペアの動き】

ドル円は昨日は本邦の貿易収支の赤字拡大にも下支えされ小幅上昇となっています。102円台後半での推移を続けています。この102円台後半は2-3月にもみ合ったゾーンになることからどちらに抜けるかをしっかりと見守りたいところです。
本日は今週に入りレジスタンスとなっている102.70、節目の103.00を上抜けることができるのか、それとも今週のサポートである102.30、先々週から先週前半のレジスタンスとなった節目の102.00がしっかりとサポートできるのかどうかに注目したいところです。

0422usdjpy

ユーロドルは強いドル、根強いECBの量的緩和観測により上値の重い推移となり1.38を割り込み、先週のサポートとなった1.379近辺で現在推移しています。依然として方向感の薄い状態が続きますが、この1.379近辺の水準である4月9日のサポートである1.378を割り込むような推移となると1.375近辺、さらには1.37を視野に入れた下落余地が生まれます。

0422eurusd

ユーロ円も方向感のない推移が続いています。140-142のレンジ内での推移が2週間近く続いています。このレンジをどちらに抜けるかを見極めたいところです。

0422eurjpy

ポンドドルは先週末にそれまでのレジスタンスであった1.682を上抜け1.684近辺まで上値を伸ばしたものの失速、昨日も1.682近辺で上値を叩かれ方向感を見失っている状況となっています。本日から欧州勢が戻ってくることから、方向感が少し出てくる可能性が高いと思われます。まずは先週の高値である1.684を上抜けることが出来るかどうか、先週揉み合いとなった1.67を守れるかどうかをしっかりと確認したいところです。

0422gbpusd

豪ドルも足踏み状況が続いています。0.93-0.94の狭いレンジ内での推移が続いています。まずは3月後半から4月にかけてレジスタンスとして活躍した0.93台を守れるかどうかに注目したいところです。割り込んでくるようだと少し雲行きが怪しくなります。

明日に豪消費者物価指数、中国のHSBC製造業PMIの速報値の発表を控えていることから、本日は様子見モードが強まるかもしれません。消費者物価指数が強い結果となると利上げ観測が強まり豪ドル高への強いサポート材料となると思われます。また先週の中国の1-3月GDPが市場予想ほど弱くなかったことから中国懸念が若干後退しているのに対し、5カ月連続で低下中の製造業PMIの4月分が弱い結果となると市場全体のリスク回避地合いを強める可能性も考えられます。

0422audusd

【本日の注目材料】

本日はイースター休暇明けの初日となり、欧州勢、オセアニア勢が市場に戻り通常モードに戻ります。ただし、来週に雇用統計、FOMCという大きなイベントを控えた中で、材料は米国時間に予定されている米国3月中古住宅販売件数を除いてはマーケットに大きなインパクトを与えそうな経済指標は予定されていません。中古住宅販売は先行する中古住宅販売保留件数が低迷していることから市場の予想も控えめなものとなっています。そのため、多少弱くても影響は限定的、逆に寒波からの反動が大きく市場予想を上回る結果となるとインパクトはそれなりに強いものとなることが予想されます。

【本日の予定】

18:00 ユーロ圏2月建設支出
21:30 加2月卸売売上高
22:00 米2月住宅価格指数
23:00 米4月リッチモンド連銀製造業指数
23:00 米3月中古住宅販売件数
23:00 ユーロ圏4月消費者信頼感(速報値)
23:30 オリバー加財務相講演
翌0:45 バーナンキ前FRB議長講演
翌2:00 米2年債入札(320億ドル)
翌3:30 ファンロンパイEU大統領、キャメロン英首相会談

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

【闘魂注入】シュラスコ佐藤の大胆予想! 佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト