マーケット

TPP交渉大筋合意の期待感で底堅い展開

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/04/23

今夜の注目経済指標

23時00分発表
「米・新築住宅販売件数」注目度★★★★★
前回:44.0万件 予想:45.0万件 前回10分間の変動幅 -4pips 
個人投資家の予想は
73%が買い(円安)
27%が売り(円高)という結果になっています。

引き続きNYダウの高値更新を注視

今夜オバマ大統領が国賓として来日されます。
都内に住まれている方、勤務されている方はご存じかと思いますが、要所では交通規制が敷かれており、検問箇所も多数あります。
また、駅のごみ箱やロッカーは使用不可となっている所もあり、不便な思いをしている人も多いのではないでしょうか。

そんなオバマ大統領来日初日の日経平均は、はやくもTPP交渉の大筋合意へのにわか期待が高まり底堅い展開。
レンジ相場に変わりないものの、日経平均は157円高い14,546円と高値引けとなっています。
ドル円は102.70円での売りで上昇しないものの、102.49円を安値とし堅調な展開。
不安要因であった中国指標も予想通りとなり、さらにユーロ圏のPMIも好調な結果となったことから底固めをしたといえるのではないでしょうか。
NYダウ先物は16,470ドルと昨晩よりもやや売られた展開。
今夜も何かの拍子で史上最高値を突破することとなれば、103円台への回復も期待できることから、下は当日安値近辺(102.50円)とし102.70円の突破を期待したいところです!

[GMO]

川島寛貴|みんなの外為スタッフ

川島寛貴|みんなの外為スタッフ

みんなの株式の立ち上げ当初からプロデューサーとしてアライアンス業務を推進。みんなの外為、みんなの米国株、みんなのコモディティなど兄弟サイトの立ち上げも担当。通称「為替王子」