嵐が去るも引き続き要警戒

【著者】

先週末は米国時間に発表された住宅建設許可件数、ミシガン大消費者信頼感指数の速報値が市場予想を上回ったこともあり、混乱状態は一旦の落ち着きをみせる動きとなり、株式市場は底堅い推移、米国債利回りもジワジワと戻し、米国小売売上発表前の水準まで戻す動きとなっています。
また、本日のアジア時間序盤は日経平均がGPIF運用見直しに関しての最終調整に入ったとの報道が出たことや週末の堅調な欧米株式の流れを引き継いだことなどもあり堅調な滑り出しをみせています。
現状、市場のリスクへの過度な警戒が和らいできたと考えられますが、完全に不安が拭いさられたとは言い難い状況は続き、今後も神経質な相場が続くと考えられるため、引き続き株価動向、債券動向には警戒が必要と思われます。

スクリーンショット-2014-10-20-12.24.57

【主要通貨ペアの推移】

ドル円は底堅さをキープし107円台まで上値を伸ばす動きとなっています。次のターゲットは先週のレジスタンスとなった107.50で上抜けると短期的にストップ買いを絡め上昇が強まると考えられますが、110円から105円までの下落とざっくりと考えた際の半値戻しとなる水準が107.50付近であることから戻り売りも出やすい水準と考えると上値が重くなることも想定されます。サポート候補は107円を上抜けてきたことから節目の107.00、割り込んでくると10月17日のレジスタンスとなっていた107.50付近がまずは意識されると思われます。

スクリーンショット-2014-10-20-10.14.02

ユーロドル

ユーロドルは1.28を挟んで方向感の薄い推移が続いています。現在1.27-1.285付近でのレンジ推移が続いていることから上下どちらに抜けてくるかで方向感を見出していきたいところです。1.27を割り込むと時間足チャートではダブルトップのネックライン抜けのような形を形成していることから下方向への圧力が加速すると考えられ、1.285を上抜ける動きとなると再度ショートスクイーズ状態となり、短期的に上昇が強まることに警戒が必要となります。

スクリーンショット-2014-10-20-12.18.43

ユーロドル

ユーロ円は底堅いドル円に支えられ、堅調な推移が続いていますが137円手前で上値を抑えられている状況となっています。しっかりと137.00を上抜けることができないと再度下値を探る動きが活発化する恐れがあるため注意したいところです。逆にしっかりと137円台に載せることができると138.00トライへの可能性が高まると考えられます。

スクリーンショット-2014-10-20-12.18.30

ポンドドル

ポンドドルは底堅い推移が続き1.61を挟む攻防となっています。先週末からのレジスタンスとなっている1.613を上抜けることができると更に上昇の圧力が強まると考えられます。また、1.62を上抜ける動きとなると日足チャートではダブルボトムのネックライン越えのような状態となり1.64付近をターゲットとした上昇圧力が強まるというシナリオが浮上します。

スクリーンショット-2014-10-20-12.18.58

豪ドル

豪ドルは引き続き揉みあい状態が続いています。明日に中国のGDP、RBA議事録、明後日に消費者物価指数の発表を控えていることから動きにくい状況が続く可能性も考えられます。現在0.864-0.89のレンジ推移が続いていることからこのレンジのどちらに抜けてくるかをしっかりと見極めたいところです。

スクリーンショット-2014-10-20-10.13.14

【本日の注目材料】

本日は目立った経済指標の発表が予定されていないことから引き続き株式市場、債券市場の動向を見ながら探っていく相場となりそうです。嵐は一旦去ったものの、米国の企業決算が本格化、エボラ熱の猛威、イスラム国の脅威、明日の中国のGDPなどリスク要因は残ったままとなっていることから勢いがつくと再度リスク回避色の強い相場へ戻る可能性も考えられることから、引き続き神経質な相場展開が続くことが予想されます。

【本日の予定】

08:01 英10月ライトムーブ住宅価格
08:30 ケントRBA総裁補佐講演
09:30 黒田日銀総裁コメント機会
17:00 ユーロ圏8月経常収支
20:50 コンスタンシオECB副総裁講演
21:30 加8月卸売売上高
23:00 パウエルFRB理事講演

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト