強い米国株式_2014/02/21

【著者】

FXマーケット情報 記載日:2014/02/21

昨日はアジア時間に発表された中国のHSBC製造業PMIが弱い結果、さらには欧州時間に発表されたユーロ圏のPMIの速報値が弱い結果となったことからリスクオフ地合いの強い相場が続いていましたが、米国時間に入ると一変し株高、債券安のリスクオンモードに転じました。

米国時間に発表された経済指標は消費者物価指数が市場予想通り、新規失業保険申請件数は市場予想には及ばなかったものの安定した状態はキープ、その後に発表されたマークイットの製造業PMIは前回数値を大きく上回るポジティブサプライズ、フィラデルフィア連銀製造業景況指数はマイナスに転じるネガティブサプライズ、景気先行指数は前回よりも改善と強弱入り乱れる結果となりました。指標の強弱に市場は一喜一憂しながらも、底堅い米国株式にけん引されリスクオン地合いが強まっていきました。

弱い経済指標にも米国株式市場はポジティブに反応する傾向が強まっていることから、円が売られやすい地合いとなりつつあるのかもしれません。

また、昨日、アジア時間に発表された日本の貿易収支は調整前で2兆7000万円と大きく拡大しました。赤字拡大が続き、このペースでいくと年間10兆円どころか20兆円の貿易赤字の可能性も否定できない状況となり、しっかりとした円売りの材料になると思われます。

Long-term interest rate

ドル円は上値の重い推移が続きましたが、101.66をサポートに上昇に転じています。昨日はマークイットの景況感でのポジティブサプライズで上昇し、フィラデルフィア連銀の製造業指数のネガティブサプライズで安値を切り上げているものの上値をしっかりと切り上げられていないことから、本格的な上昇とも言えない状況となっています。上値抵抗線である102.75近辺をしっかりと上抜けることが出来るかどうかを確認したいところです。

0221usdjpy

ユーロドルは弱いPMI速報値などにより、、上値伸ばすことが出来ず、1.37を割り込むところまで押し込まれる推移となりましたが、1.37を割り込んだところでは底堅く再び1.37台を回復する動きとなりました。方向感の乏しい状況がまた続きそうな気配が強まっています。本日はまず、昨日から1.372近辺が上値抵抗線となっていることから、このラインを上抜けることが出来るかどうかにまずは注目です。上抜けることが出来れば再度上値トライへ向かうと考えられます。

0221eurusd

ユーロ円は139円前半まで押し込まれるも底堅さをみせ長い下ヒゲをつけて140円台を回復するに至っています。現在のレジスタンスラインとなっている141.00をしっかり上抜けられるかどうかをしっかりと確認したいところです。上抜けるようだと上昇トレンド突入の可能性が高まります。

0221eurjpy

上値の重い推移が続くポンドもようやく下げ止まりそうな雰囲気を出してきましたが、雲行きの怪しい状態となっています。本日は小売売上高の発表が控えており、結果次第で上下に大きく動く可能性があるため注意が必要です。

0221gbpusd

方向感を見失いつつある豪ドルも安値を切り上げつつある推移となっています。レジスタンスとなっている0.908近辺を上抜けると溜まったショートポジションが絞り出され上昇を強めると考えられますが、現状はそこまでの道のりが重い状況が続いています。

0221audusd

【本日の注目材料】
本日は欧州時間は英国小売売上、米国時間は米国中古住宅販売件数に注目が集まります。中古住宅販売件数は寒波の影響などから弱い結果が出ることが予想されますが、市場も織り込み済みで、悪い結果が出ても株式市場が堅調な推移となる可能性が高いため相当悪い結果とならない限り、大きなリスク回避要因とはならないと予想されます。
また、週末にG20が開催される週末ということからポジション調整が入りやすい地合いとなっていることにも注意が必要です。

【本日の予定】
08:50 日銀金融政策決定会合議事要旨
17:00 スイス1月マネーサプライ
18:00 伊1月消費者物価指数
18:30 英1月小売売上高
18:30 英1月公共部門純借入所要額
22:30 加12月小売売上高、消費者物価指数
24:00 米1月中古住宅販売件数
27:10 ブラード・セントルイス連銀総裁(投票権なし)講演

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト