ウクライナ情勢の一層緊迫化を背景に根強い円買い

【著者】

外国為替マーケット情報|2014/04/15

昨晩の概況

おはようございます。
今日までは寒暖の差が激しいようですが、明日から朝の気温が上がるようですね。今、うちのわんこは抜け毛の最盛期を迎えようとしており、毎日わんこ専用掃除機で3回、掃除しても、気が付けば毛がふわふわ・・・・。とても動物嫌いの方は我が家には上がれない状態です。
しかも17年目に入ったヨーキーは両目が見えなくても頑張って生活していますが、トイレを失敗する回数が増えて、気が付くとリビングがえらいことになっていたりするので、除菌ペーパーが欠かせない・・・。それでも1日でも長く長生きしてもらいたいです。

さて、相場ですが、朝から売り上がり気味だったアジア勢がショートを抱えていてなかなか101.65から下に行かなくなった午後6時過ぎから、じわじわとショートカバーが出始めていました。
この時にはまだ101.76-77で止まっていましたが午後9時に101.80を越えて上昇、ストップが付き始め、午後9時半に発表された米小売り売上高が予想+0.8%に対し+1.1%と好調だった事、更に米銀CITIの1Q決算が増益となったことで、ドル買いとなった面もあり101.90アッパーのストップを巻き込み瞬間的に102.02までタッチしました。

ただし102円台での売りも厚く更にウクライナでのロシア系武装集団が武装解除に応ぜずドネツク人民共和国の創設を宣言した親ロシア派勢力は地域一帯を掌握する意向を示し、紛争回避とは逆の方向に進んでいるなど、情勢が一層緊迫化している事を背景に円買いも根強く、一方的な円売りにはなっていません。NY市場ではその後101.70割れまで反落した後、101.90手前まで戻しましたが、この水準では留まれずに午前4時過ぎに101.66安値をタッチし、101.84でNYは引けています。

今朝は101.83-90とほとんど動いていません。市場ポジションとしてはまだドルショートでしょうから(NY安値が101.66で止まったことが象徴的。アジアの高値圏、午後6時以降の欧州時間のサポート)目先は101.80-75レベルが底固くなる・・・と書いているうちに高値更新、101.960まで上がってきました。102.20手前には抵抗線がありますが、抜けるようなら日足雲の一目雲下限102.368、日足ボリンジャーバンドセンターライン102.451、サイコロジカル102.500が抵抗線になると考えられます。あまり自分のイメージは102円台でロングを作りたくは無く、102円台に乗って上がらなくなったらロングを止めるような感じ。下がったところは101.50がサポートで、101.75も目先はサポートに見えるので、101.80レベルから買いをイメージしてストップは101.50割れで。
利食いを102.15レベルでイメージしながら、抜けても買いではついて行かず102.35-50は一回は逆張りと判りつつ、売ってみたいイメージです。
本日もよろしくお願い申し上げます。

ドル円・ポンド円・オセアニア円は買い ユーロドル・ユーロ円は売り先行で

<ドル円 買い>
ドル円は101.740、101.650で買いから参入してみる。
ストップは101.450に置きながら、102.080、102.200で利食いするような回転を考えてみたい。
レンジ 101.550(101.700)–(102.100)102.200 
作成時 101.846-850  9:42AM

<ユーロドル 売り>
ユーロドルは1.38330、1.38430で売りから参入する。
ストップを1.38650に置きながら、1.37950、1.37800で利食い買い戻しを行う方針で見たい。
レンジ 1.37800(1.37950)–(1.38350)1.38550 
作成時 1.38185-192 9:54AM

<ユーロ円 売り>
ユーロ円は140.950、141.050で売りから。
ストップは141.300に置きながら、140.550以下、140.450で買い戻しを考えるような回転をイメージしました。
レンジ 140.400(140.550)–(141.000)141.150 
作成時 140.826-835 10:11AM

<ポンド 買い>
ポンド円は引き付けて170.000で買いから入ってみる。
ストップは169.750に置きながら、170.550、170.720で利食いするような回転を考えました。
レンジ 169.850(170.050)–(170.550)170.750 
作成時 170.324-338 10:42AM

対ドルは1.67450、1.67600で売りから参入する。ストップは1.67850に置きながら、1.66800、1.66600で利食いするような回転をイメージします。
レンジ 1.66600(1.66800)–(1.67450)1.67600 
作成時 1.67226-239 10:18AM

<豪ドル 買い>
豪ドル円は議事録に「過去の水準からは割高」との記載があり95.90手前から95.64まで反落しましたが、95円台ミドル以下はしっかりしている感じに見えます。
95.520、95.420で買いから。ストップは95.250に置きながら、95.950、96.050で利食いするような回転をイメージしました。
レンジ 95.350(95.550)–(95.950)96.100 
作成時 95.698-710 10:50AM

対ドルは0.94350、0.94500で売りから参入する方針。
ストップは0.94700に置きながら、0.93850、0.93650で利食いするような回転をイメージしました。
レンジ 0.93650(0.93850)–(0.94350)0.94550 
作成時 0.94019-032 10:19AM

<ニュージードル 買い>
ニュージー円は88.000、87.850で買いから参入する方針。ストップは87.650に置きながら、88.500、88.650で利食いするような回転をイメージしました。
レンジ 87.750(87.950)–(88.500)88.650 
作成時 88.277-294 10:55AM

対ドルは0.86950、0.87050で売りから参入する方針。ストップは0.87300に置きながら、0.86500、0.86350で買い戻すような回転をイメージします。
レンジ 0.86350(0.86500)–(0.86950)0.87150 
作成時 0.76707-725 10:21AM


新規口座開設はこちら

<お知らせ> 
今週金曜日 4月18日 20:00~21:30「マーケットショットLive!」
http://yoshihikotv.blog.fc2.com/ 今週は【しゃべくりFXLive!】。

コメンテーターは だいまん氏、横尾寧子氏、小林芳彦です。
<放送内容>
為替ニュースやチャートを見ながら、相場感を雑談風に語る番組です。
視聴者からのご質問にも回答しながら進行していきます。

皆様のアクセス、お待ちしております。


新規口座開設はこちら

小林 芳彦|JFX株式会社代表取締役

相場は知的格闘技!元気に相場と戦いましょう! 小林 芳彦

慶応義塾大学商学部卒、協和銀行入行し本店資金為替部調査役へ。 クレディスイスやバンク・オブ・アメリカで要職に就き、当局を含め、数十社の法人顧客を担当。「ユーロマネー誌(日本語版)」顧客投票「日本のディーラー・ベストセールス部門」を6年連続第1位、過去7回受賞。「短期為替予測部門」を5年連続第1位受賞。現JFX株式会社代表取締役