連続サプライズ指標でポンド強まる_2014/01/22

FXマーケット情報|記載日:2014/01/23

昨日は欧州時間に発表となりました英国の雇用統計にて失業率(ILO基準)が前回の7.4%から大きく低下し7.1%となったことからポンド買いが進む展開となりました。BOEが掲げるフォワードガイダンスの基準である7%に急接近となったことから、今後、BOEが金利を上げる動きとなるのか、または、フォワードガイダンスを変更するのかに注目が集まり、要人のコメント等に一喜一憂する場面も見られるかもしれません。

米国時間は大きなイベントはなく、米国株式はダウは-41、S&Pが+1.06、ナスダックが+17.24とまちまちな推移となっています。米国債利回りが底堅い動きを見せていたこともありドルも底堅さを見せました。ドル円もジリジリと上昇を続けアジア時間を迎えています。

ドル円は方向感の無い中、安値を切り上げ、高値を切り下げ保ちあいの状態での推移を続けています。現在上値を攻めているところですが、104.70の壁と戦っている状態となっています。昨日の高値である104.75近辺を上抜けると今度こそ105円にトライというシナリオになりそうです。下は104.00前後では昨日も底堅く推移していることから、このラインが安値の目途として意識されそうです。

usdjpy0123_R

ユーロドルは日足ベースでは下降トレンドの中での推移となっていますが時間足ベースではなだらかな上昇チャネルの中を進んでいます。狭いレンジでの推移が続いていることから上下どちらかに抜けると大きな波動となる可能性も秘めています。上はまずは昨日上値を抑えた1.358を上抜けることができるかどうか、更には節目の1.36を上抜けられるかどうか、下は昨日のサポートである1.3535近辺を下抜けることができるかどうか、さらには心理的節目の1.35を割り込むことができるかどうかに注目です。

eurusd0123_R

ユーロ円は安値は切り上げているものの上値は141.85近辺でしっかりと押さえられるという推移で動きが小さくなってきていることが確認できます。現在再度141.85に向けて動いている最中ですが、上抜けることができれば142円台回復も近いと思われますが、失敗に終わり、141.00を再び割り込むような推移となると下落スピードが加速する可能性があります。

eurjpy0123_R

昨日、英国が先週のサプライズ小売売上に続き、脅威の失業率低下を見せたことからポンド買いが加速1.65台に突入し、1.66に迫る推移となりました。昨年12月に1.66近辺がレジスタンスとなったことからこの1.66を上抜けることができるかどうかが大きなポイントとなると考えられます。また、経済指標後の上昇メインで短期的に買いが集中していると考えられることから調整も入りやすくなっていることには注意が必要です。

gbpusd0123_R

豪ドルは昨日の消費者物価指数後の上昇からジリジリと値を下げる推移となっていますが依然として発表前の水準は保っている状況となっています。長い軸では下落トレンドと言えますが、時間足ベースでは緩やかな上昇チャネルの中での推移となっていますが、発表前の水準0.88を割り込むところまで落ち込むとサポートラインを割り込むこととなり下落スピードが加速する可能性が高まります。

audusd0123_R

【本日の注目材料】
本日はアジア時間に中国のHSBC製造業PMIの発表が予定されています。良好な数字となると市場全体が明るい空気となりリスク選好ムードが強まると考えられます。欧州時間はユーロ圏のPMIの速報値が発表が予定されています。方向感を見失っているユーロの突破口となるかもしれません。
米国時間には毎週木曜日恒例の新規失業保険申請件数、12月中古住宅販売件数景気先行指数の発表が予定されています。新規失業保険申請件数は寒波の影響がどの程度出ているのかに注目が集まります。中古住宅販売件数は先行する中古住宅販売保留件数は悪くはなかったことから、市場予想では前回よりも少し上昇の492万件となっています。
米国経済の回復基調を下支えしてきた住宅市場に伸びがみられると市場全体が明るくなると思われます。

【本日の予定】
08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベ-ス)
10:45 中国1月HSBC製造業PMI・速報値
12:45 日本 20年国債入札(1兆2000億円)
14:00 1月日銀金融経済月報
16:45 仏1月企業景況感
17:30 独1月製造業PMI・速報値
17:30 独1月サービス業PMI・速報値
18:00 ユーロ圏1月製造業PMI・速報値
18:00 ユーロ圏1月サービス業PMI・速報値
18:00 ユーロ圏1月総合PMI・速報値
18:00 ユーロ圏11月経常収支
18:00 フィッシャー英MPC委員講演
20:00 英1月CBI流通取引調査
22:30 米新規失業保険申請件数 
22:30 米12月シカゴ連銀全米活動指数
22:30 加11月小売売上高
23:00 米11月住宅価格指数
翌0:00 ユーロ圏1月消費者信頼感・速報値
翌0:00 米12月中古住宅販売件数 
翌0:00 米12月景気先行指数
翌0:00 ファンロンパイEU大統領講演
翌1:00 米週間原油在庫
翌3:00 米10年物インフレ連動債入札(150億ドル)

OANDA Japan   オアンダ ジャパン<本記事ご協力>
OANDA Japan株式会社
チーフストラテジスト 佐藤甲様
佐藤甲|OANDAJapan チーフストラテジスト

佐藤 甲

OANDAJapan㈱チーフストラテジスト。 NY時間を中心にディーリング業務を担当し、2012年より現職。ファンダメンタル、テクニカル、時にはシックスセンスを駆使し相場を斬る。夢と希望と情熱あふれる熱血相場師!風貌はラテン系だが、異性には奥手。日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト