マーケット

FOMCにサプライズはあるか

【著者】

今夜のFOMCはノーサプライズというのは市場コンセンサスのようです。

ドル円の値動きを見てみても、安値圏で推移しており利上げの可能性を織り込む動きはなし。

9月末には、イエレン議長の「私も含め年内に利上げすると思っている。」という発言でドル買いに傾いていたりしました。
しかし、9月の雇用統計の結果を受けとても利上げできる状況ではないという雰囲気になってきています。

それを考えると、もし今回利上げを行う、もしくは年内利上げに一段と近づくことになると株安となり短期的にドル買いが進んだ後は再びドル安へになるというような乱高下となりそうです。

特になにもなければ、無風で日銀へとバトンタッチしそうです。

中国、共産党中央委員会第5回総会を行っていますし、中国不安もあるなか新興国市場のことを考えると、利上げの可能性はほぼないといって良いでしょう。

ECBの場合は事前に要人発言でユーロ高をけん制しているなどの予兆がありましたが、今回はそういった分かり易い動きはありません。

ちなみに、明日の利上げの可能性はわずか6%ほど。
年内利上げの可能性は35%ほどだそうです。

日経平均先物は19000円目前まで上昇してきていますので、何も起こらず明日を迎えることを期待しています。

昨晩の耐久性受注が悪かったにもかかわらずその後ドル円が上昇したように、イベントを終えるとある程度ドル円は戻りを試すのではないでしょうか。

121円はせっせと売る動きが見られましたが、明日は120円台後半あたりが居心地の良いレートとなるとみています。

【注目!】
トルコリラでスワップトレードやってます!

川島寛貴|みんなの外為スタッフ

川島寛貴|みんなの外為スタッフ

みんなの株式の立ち上げ当初からプロデューサーとしてアライアンス業務を推進。みんなの外為、みんなの米国株、みんなのコモディティなど兄弟サイトの立ち上げも担当。通称「為替王子」