FXコラム

夢のスワップ投資再来か!?

【著者】

FXコラム|2014/05/23

動かないドル円相場に暴落も起こらない日経平均。

高値で推移するNYダウ。

ユーロは1.40を目前としてついに動き出すのか!?といったところ。

全体的にトレンドレスなマーケット状況で煮詰まってきている感じがありますね。

fx.minkabu.jp chart

短期トレーダーやHFTと呼ばれる超高速取引はレンジ相場が有利かもしれませんが、スイングトレーダーにとっては、じっと待ってやっと1円取れるかどうかといった状況が続いているのではないでしょうか。

リーマンショック以降、海外ファンドの運用も最低を記録しているそうです。

そこで今回は、リーマンショック後から忘れ去られたようなスワップ取引に目を向けていきたいと思います。

スワップポイントといえば金利。

そして現在の主要通貨のなかで一番高い政策金利を誇る国は、
ニュージーランドの3.0%。

今年に入り2回の利上げを行いましたが、今後も複数回の利上げが予想されています。
住宅価格の高騰もあり、利上げによる通貨高は苦しいところですが、インフレ率の抑制のためにニュージーランドとしては、金利を上げざる得ないようです。

4月の声明文でも
「インフレ期待を抑制し続けるために、緩和的でない水準へと政策金利を引き上げることが必要である」
となっております。

ウィーラーRBNZ総裁が
「ファンダメンタルズが悪化する場合、(NZドル売りの)為替介入を行うかもしれない」と発言してはいるものの、オーストラリアとは違い数年前の日本と同じように、通貨高は進んでいます。

貿易収支は上昇していますし、失業率は5年来の6.0%へ低下。

今後もニュージーランドドルは緩やかな上昇となると考えている予想が多く見られます。

やはり通貨というものは金利に非常に素直に反応する性質も持っていますから、今後継続して利上げが見込める通貨への投資は有望です。

では、ここで改めてFX会社各社のスワップポイントを見てみましょう!

swap-point

なぜか、金利が上がっていないオーストラリアのスワップポイントがここ最近大きく上昇していることが分かります。

やはり、流通量の圧倒的な違いから、FX会社も豪ドルのスワップポイントの方が上げやすいといったところでしょうか。

これをみると、王者GOMクリック証券が強いものの、ダントツというところはないですね。

個人投資家の人気が根強い豪ドル円は、今までスワップポイント競争に全くといっていいほど参加5月に入りヒロセ通商がスプレッド・スワップポイントキャンペーンを行い一躍トップに躍り出ることとなりました。

ヒロセスワップ

チャートチェック!

年初に入り、1月~3月の新興国通貨不安で南アフリカランドを持つのを不安だという人は、豪ドル、NZドルを!

これからユーロがさらに下落するようであれば、ユーロ豪ドルを売りで持つというのもありかもしれません。

ユーロ豪ドル12時間チャート

ちなみに、各通貨ペアを上記のスワップポイントの高いFX会社で1年間もらえる金利は以下のようになります!

スワップポイント

ランド円が1円程度の下落しかしなければ、だいたい10万円を口座に入れ、5万円で10万通貨を購入すれば、何と年率47%の驚異のパフォーマンスをになります。

豪ドル円だと、北京オリンピック以降起こる起こるといわれているチャイナショックが起こらない限り、80円台はなかなか遠そうですね。

スティーブンス総裁の「豪ドルは不快なほど高い。」という発言が今年に入りなくなり、消費者物価指数の高さから、ニュージーランドに続き政策金利を来年上げる方向にあるという心強さがあります。

オージー円chart

チャートを見てみると、○○ショックなどが起きた際に拾っておけば美味しい形になっていますね。

90円割れは1週間で値を戻しています。

続いてニュージーランドドル 対円 対ドルです。

NZDchart

ニュージーランドドル円は80円台前半。

対ドルでは0.81~0.83ドルがまで落ちてくれば面白いといったところでしょうか。

しかし、スワップポイントは長期的に上昇するもしくは、横ばい安定であれば成り立つもの。

金利が上がってきたとはいえ、まだまだ1日1pipsの利益にならないということを考えながら、為替差損とのバランスを考えて投資を行っていきたいものです。

 スワップ金利もNo1!?FXならGMOクリック証券!!
[GMO]

 スプレッド、豪ドルのスワップポイントNo1!!
[DMMFX_CB]

     南アフリカランドでスワップ投資をするなら、YJFX!!
[CyberAgentFX-ad_468.60]

児山将|みんなの外為スタッフ

児山将

みんなの外為で記事を書いています。 大学生の時からFXを初めて6年以上。FXの楽しさを伝える為に、みんなの外為を盛り上げていきます。初心者の方でも分かり易く学べるように、難しい専門用語やマーケットの説明、FX業界について記事にしていきます。 みんためのTwitterでもつぶやき中!