マーケット

いよいよジャクソンホール・シンポジウム

【著者】

イエレン議長講演は明日23時から

現地時間25日夜(東京時間明日早朝)から、いよいよカンザスシティ連銀主催の年次経済政策シンポジウムが、ワイオミング州のジャクソンホールで開催されます。

このイベントは、毎年8月の最後の週末にスキーリゾートで有名なワイオミング州ジャクソン市で開催されますが、FOMCメンバーはもちろん、日銀やBOE(英中銀)、ECB(欧州中銀)をはじめとして、世界各国の中央銀行家が集って、金融政策などについて語り合うイベントです。

1978年から開催されていて、今年で40回目となるこのイベントですが、市場で大きな注目を浴びるようになったのは、2010年のイベントで当時のバーナンキFRB議長が「経済見通しが大幅に悪化するなど必要性が明らかになれば、非伝統的手段を通じて追加の金融緩和を実施する用意がある」と述べ、その後2010年11月のFOMCでQE2(量的緩和第2弾)が決定され「ジャクソンホールの講演でQE2が示唆された」とされたことからです。

翌2011年からは、毎年このイベントは注目されるようになりましたが、昨年出席しなかったイエレンFRB議長は、今年はこのイベントで東京時間明日26日金曜日深夜23時から講演を行う予定です。

FOMCは昨年12月に利上げを開始したものの、その後8ヵ月経っても2度目の利上げは行われていません。利上げに慎重なイエレンFRB議長が、この講演で追加利上げを示唆するのか、それとも慎重な姿勢を改めて滲ませるのか、今後の為替相場、株式相場に大き影響を与える可能性があることから、今年は例年以上に注目されています。

<本記事ご協力>

チーフストラテジスト 高野やすのり様
■メッセージ等はこちら
>>高野やすのり様プロフィールページ

高野やすのり|FXプライムbyGMO

高野 やすのり

慶應義塾大学商学部卒 チェース・マンハッタン、スイス・ユニオン、ファースト・シカゴなどでインターバンクディーラー業務に従事。 株式会社FXプライムbyGMO チーフストラテジストとして、長年培ってきた経験を生かし、インターネット上のコンテンツや、ラジオ、セミナーを通じて正しいFXの知識や、FXの魅力を広める為の活動を行う。 NPO法人日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト