マーケット

トランプ氏、第45代アメリカ大統領就任へ

【著者】

予想外の勝利

さきほど、AP通信のHPでトランプ候補の選挙人獲得数が、勝利に必要な270人を上回って276人となりました。

昨年6月、トランプ氏が大統領選挙に出馬する事を宣言を聞いたほとんどの人々は、単なる冗談か、せいぜい自らにビジネスの宣伝目的、と見ていました。
ところが、ブッシュ氏やルビオ氏、クルーズといった多くの共和党主流派の有力と言われていた候補者を、次々に候補者レースから撤退させ、数々の失言やスキャンダルがあったにも関わらず共和党の候補者指名獲得しました。

大統領選挙でも、相変わらずの失言や、スキャンダルなどもあり、注目された3回のテレビ討論会では3回ともクリントン氏が優勢という結果でした。選挙直前にクリントン氏のメール問題の再捜査が開始された時こそ世論調査でのクリントン氏のリードが縮まりましたが、ほぼ一貫して世論調査はクリントン氏の優勢を伝えていたことから、大方の市場関係者はクリントン氏の勝利を確信し、ドルが買われていました。

ところが蓋を開けてみれば、トランプ氏が接戦州のほとんどを制したばかりか、民主党優勢と見られていたペンシルベニア州なども制し、見事に当選を確定しました。

マーケットは、90%以上クリントン氏の勝利を織り込んでいたことから、その反動と、新政権の不確実性の高さを嫌気して、株売り、ドル売りに大きく反応しましたが、大統領、上院、下院とも共和党が制したこともあって、やや落ち着きを取戻しています。

<本記事ご協力>

チーフストラテジスト 高野やすのり様
■メッセージ等はこちら
>>高野やすのり様プロフィールページ

高野やすのり|FXプライムbyGMO

高野 やすのり

慶應義塾大学商学部卒 チェース・マンハッタン、スイス・ユニオン、ファースト・シカゴなどでインターバンクディーラー業務に従事。 株式会社FXプライムbyGMO チーフストラテジストとして、長年培ってきた経験を生かし、インターネット上のコンテンツや、ラジオ、セミナーを通じて正しいFXの知識や、FXの魅力を広める為の活動を行う。 NPO法人日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト